Vol.289 「バス・タイム」
「ぃいねぇ〜・朝からお風呂入ってぇ〜」

「気持ちいぃねぇ〜・よかったねぇ〜」

湯舟につかるあかちゃんに・朝のご挨拶。

気持ちよさそぅ。

安心してる。

お顔かわいい。
お腹がぷよぷよ。

いぃねぇ〜。
   
朝から・私も・いぃ気分。

しあわせ・シアワセ。
Date: 2009/09/24(木)


Vol.288 「お茶券」
私は・日本茶をよく飲む。

今年の私の誕生日。

スタッフから・プレゼント目録を渡された。

「お茶券」

お茶券一枚一枚に
スタッフの名前が書いてある。

「お願いしまぁあ〜す!」

私が・毎日・そのお茶券をスタッフに渡す。

『はあぁ〜い!』

すると・・。

日替わりで・スタッフが私に
お茶を入れてくれる。

お茶と一緒に・メッセージカードが
添えられている。

プレゼント目録には
もうひとつ書き込まれていた。

一枚・また一枚と
増えていくメッセージカード。
   
カードを入れるアルバムが用意されていた。

今日も一枚・・。

スタッフからのメッセージが
アルバムに閉じられる。

日毎に増えるカードたち。

大好きな日本茶飲みながら
アルバムを開く。

私の密かな楽しみ。

ありがとう。

感謝。
Date: 2009/09/17(木)


Vol.287 「どっち?かな?」
『先生〜・どっちですかぁ〜?』

「言っても・いいですか?」

『ハイ!』

「ホントにぃ〜?覚悟はいいっ〜!」

『は・はい!』

「おんなの子だよ・・」

『ぉお〜』と父。

『えぇ〜』と母。

それぞれのリアクション。

どっちでもいいよね・・赤ちゃん・・。

元気で・健康なら。

「性別?」

おメめ・瞑って・逢ったらいいじゃん!

だって・お母さんお父さんに  
選んでくれたんだから。

ねっ!お母さん!

だよねぇ〜・赤ちゃん!!
Date: 2009/09/10(木)


Vol.285 「永久不変」
今日は・産前教育「ソフロロジー教室」の日。

全国各地から・研修が訪れる。

お母さんが・お腹の中の大切な赤ちゃんを
連れて・クラスに参加する。

今日も・たなべクリニックの産前教育を学びに
看護師助産師らが全国から集まっている。

私から赤ちゃんとお母さんへのメッセージ。
  
私のこころの声が
マザーホールにいる全ての人々に届く。
    
熱意と信念。

変らぬ・揺るぎない想いは
私のオーラとなり・みんなを包む。

過去も・今も・未来も・・。

私は・私のお役目を全うする。
Date: 2009/09/03(木)


Vol.284 「BBQ」
『ハッピィバースディ・院長〜!』の大合唱。

私を囲んで・輪が出来る。

スタッフ手作りのバースディケーキ。

ロウソクを吹き消す。

風船がいっぱいイッパイ詰まった箱を割る。

舞い上がる大小の風船たち。

「ありがと〜う」の連呼。

BBQでのサプライズ・イベント。

ありがとう。
          
アリガトウ。
          
いつも・いつも・ありがとう。
          
有難う。
Date: 2009/08/27(木)


Vol.283 「無垢の泪」
体験学習の中学女子が来た。

お産に立ち会う。

止まらぬ泪。

表現できない感動。

お金では買えない貴いものが・そこにある。

理由・理屈はない。

こころの反応。

こころの声。

大切なものは・何か・・。

こころが・それを示してくれる。
Date: 2009/08/20(木)


Vol.282 「夏休み」
入道雲。

蝉の大合唱。

高鳴る波の音。

海風に乗る汐の香り。

『いってきまぁあ〜す!』

きをつけてぇ〜よ」

駆け出したゴム草履の群れは
大きな青い空に吸い込まれる。

真っ黒な笑顔たちを
夏は包んでいる。

変らぬ情景が
これからも続くように。

未来からの使者たちのために。
Date: 2009/08/18(火)


Vol.281 「信念」
私は・よくスタッフに「片想い」で
いなさいと話す。

患者様の声に耳を傾ける。

患者様の気持ちに・こちらから寄り添う。

見返りはなし。
受け止める。
想いを伝え続ける。

患者様に対しての「片想い」。

例え・その想いが充分に伝わらなくとも・・。
ずっと・ずっと・・片想いでいる。

いつか・いつの日か・・その想いは・届く。

「ぇえ〜っ・・片想いなんて・嫌だなあぁ〜」
と・あるスタッフ。

それでも・片想い・・ですよ。

惹いては・自分以外の全ての人に
片想いでいられるように・・。
Date: 2009/08/06(木)