Vol.360 「お初」
中学生の時・ギターを買ってもらった。

めっちゃ・嬉かった。

勉強よりも真剣に練習した。

夜な夜な静かに・コードを押さえた。

初心者の私。

コード一つ覚えるのにも・四苦八苦。

やっと・一つのメロディを奏でた。

「母さんがあぁ〜夜なべぇをしてぇ〜」
「てぶくぅろっ編んでくれたぁあ〜」

私の処女作。

教本見ながら・初めて奏でたメロディ。

深夜に一人・・嬉しいやら・恥ずかしいやら。

「母さんの唄」にこんな感動するとは・・。

誰にも見られたくない・小さなガッツポーズを
何度も繰り返した。
Date: 2011/02/10(木)


Vol.359 「再会」
『?!?・・』
じっ〜と・私の顔を見てる。
「ほら!○△ちゃん!あっちよ・あっち!」
カメラの方向を向かず・じっ〜と私に熱視線。
「先生ばっかりみてぇ〜」と・お母さん。
『ん〜・どっかで見た顔かなぁ〜』
『人違いかなぁ・・』
『いや・絶対逢った事ある!』
ってな顔で・私を見つめる1歳お誕生会”おもやい会”に
ご参加の赤ちゃん。
「先生と記念撮影する赤ちゃんたちって・みんな先生
見てるよねぇ〜・不思議〜」と・おもやいスタッフ。
だよねぇえ〜。
そうだよねえぇ〜。
ちゃんと・判ってる。
覚えてるもんねぇ〜。
見つめあう赤ちゃんと私。
こころとこころの会話。
にっこり・ご挨拶。
Date: 2011/02/03(木)


Vol.358 「壊れた」
出勤前・ケータイにメール届いている。

受信しようとするも・画面真っ暗。

「?!」。

ボタン操作無効。

「!?!」。

直ぐにショップへ連絡。

迅速対応。

使い古された代替器来る。

ケータイ鳴る。
メール来る。

登録無きため「誰?」となっちゃう。

電話したい人の番号分からず。
メールしたい人のアドレス分からず。

不便・・。

けど・・。

意外にケータイ無くても・いけちゃう。
過ごせちゃう。

不便さの内の居心地。
便利さの中のこころ持ち。

一長一短。

携帯なくても・テレビなくても
会話があれば・心地よし。
Date: 2011/01/27(木)


Vol.357 「成人」
肌寒い曇り空。

首をすくめて・クリニックへ。

「先生!〇△さんの登場でぇ〜す!」

艶やかな着物姿に・周囲の温度も上昇。

成人を迎えたスタッフ。

成人式への出席を前に・恒例となったクリニックお披露目。

拍手と共に・記念撮影。

彼女とのツーショットに・満面の笑みのわたし。

後ろ姿を見送り・付き添いの母へご挨拶。

おめでとう。

おめでとう。

あなたのこれからは・きっとすばらしい。
Date: 2011/01/20(木)


Vol.356 「Date my dream」
「夢は必ず叶う」と言う人がいる。

昔の私は「そうかなあぁ〜」であった。

『夢に日付を入れる』。

実現したい夢に”日付”を入れるようにした。

5年後の私・5年後の達成する夢。

すると・・。

今年何をすべきか。
今月何をやるべきか。
今週何を行うのか。
今日の私は・何をするのか。

夢に日付を入れるようになった私の夢は
夢でなくなり・実現する事項となった。

わかった・気づいた。

夢を実現する人は・ただ願うだけではなく
実現のために・日々努力をしている。

『夢は必ず叶う』。

必ず・夢は叶うもの。

そのために・今日がある。
Date: 2011/01/13(木)


Vol.355 「新年」
2011年・平成23年が明けました。

新たな一年の始まりです。

今年は・どんな出逢いがあるのでしょうか。

一期一会。

人は・出逢うべきして・出逢う。

出逢いに偶然なし・全て必然。

その私の想いは・歳を重ねる毎に
強く・こころの奥から響いています。

人には・お役目がある。

私にもお役目がある。

お役目がある間は・がんになる事も死ぬ事もないそうです。
  
あけまして・おめでとうございます。

みなさまに・良き出逢いが訪れる事を祈念して。
Date: 2011/01/06(木)


Vol.354 「年の瀬に想う」
「お変わりないですか・・」
「ご心配なことは・・」

お腹の中には・7人目の赤ちゃん。
6人全てのお産に・立ち逢わせて頂いた。

「とっても元気ですよ」
「どっちですかねぇ〜・楽しみですね!」

お母さんは・私の一言ひと言に・微笑み頷く。

7人目にも・私は立ち逢える。

こんな素晴らしいお母さんに・出逢えた事が
私は・何より嬉しい。

検診に来る・お腹の赤ちゃんとお母さんが待ち遠しい。

お大事に。

良い年を。

あなたとあなたの家族に・大いなる幸せを。

わたしは・こころから祈念しています。

感謝。
Date: 2010/12/30(木)


Vol.353 「忘年会」
準備委員会のお出迎え。

事前に編集された・スタッフ一人一人の大好きな曲が
サプライズBGMとしてみんなを迎え入れる。

各々のテーブルに・笑いの花が咲く。

テーブル越しに・笑いの輪が開く。

趣向をこらした余興。

笑いと感動と涙。

こころからの・おもてなし。

ありがとう・ありがとう。

感謝の大輪が舞う。

たなべふぁみりぃ。

大切なファミリー。
Date: 2010/12/23(木)


Vol.352 「秘密の特訓」
夜な夜なクリニックのあちらこちらで
繰り広げられる集会。

どこからともなく・集まって来る。

そっ〜と・近寄る。

「きゃぁあ〜」とか「がははあぁ〜」などの奇声が
わが耳に飛び込む。

「先生〜!見ちゃだめっ!!」

覗き見する私は・一瞬にしてシャットアウト。

忘年会に向けての・スタッフの熱い暑い猛特訓。

今夜も立ち入り禁止の夜会が繰り広げられる。

たのしみ〜。
今年も!

めっちゃ期待してます・院長先生。
Date: 2010/12/16(木)


Vol.351 「くりすます」
クリニック内は・クリスマスモード。

大小様々なサンタやトナカイが・私たちを迎え入れてくれる。

「12月なのに・あんまり寒くない・・」と呟いていたら
昨夜から・急に冬らしくなって・5%モードアップ。

寒くなると空気も澄んで・院外のイルミネーションの
輝きも増し・モード10%増し。

赤ちゃんたちは・12月限定の
「クリスマス服」に身を包み・かわいらしさ20%アップ。

クリスマスと年の瀬。

頬を刺す風の冷たさが・ちょっぴり・なんだかうれしい。
Date: 2010/12/09(木)


Vol.350 「うぶちゃり 2010」
2000年から始まった
たなべクリニック・チャリティコンサート。

地元の養護施設の子供たちのために
コンサートを毎年開催し・みなさまの善意の寄付金を
子供たちに届けて来た。

「おじちゃんは・あなた達のために」
「10年活動を続けるからね」

昨年・約束した10年を迎えた。

10年前・私が約束した子供たちの多くは・成人し
施設を卒業し・社会へ飛び立って行った。

11年目の今年。

より多くの人たちに・より大きなメッセージを
伝えるためのチャリティイベントを開催した。

これからも・ずっと・・。

私は・私にできる事を。

ずっと・ずっと・伝え続ける。

私は・私のお役目を果たす。
Date: 2010/12/02(木)