スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.83「大晦日」


 朝から少~し、

 ドキドキ・ソワソワの私。

 

 当時、小学2年生。

 

 今からウン十年前、

 小学生の頃の私にとって、

「12月31日」は、特別な日。

 

「日本レコード大賞」観て、

「紅白歌合戦」観て、

 年越し蕎麦食って..。

『あぁ~、チョー忙し~い』

 

 レコード大賞・前に風呂入って、

 着替えて、万全の態勢で待機。

 

 みんな揃って、早目のご飯、

 家族・全員集合!

 

 除夜の鐘聞いて、

 この日ばかりは、夜更かし公認。

 

「ゆく年・くる年」観る頃には、

 興奮疲れで、睡魔が襲う。

 

 翌朝、睡眠不足なのに、

 何故か早起き。

 

 一目散に郵便受けに、

 年賀状チェ~ック!

 

 私が幼少の頃、『大晦日』は、

「クリスマス」より、豪かった。

 

 ビック・イベントだった。

 

 家族揃って、年越し。

 

 蕎麦、もう一杯おかわり。

 

Vol.82「クリスマスチャリティコンサートを終えて」


 12月22日・木曜日、

 小雪舞う午後7時、

 りふれホールにて

 クリスマスコンサート。

 

 チェロ・ヴァイオリン、

 ピアノ・コントラバスの

 素敵な四重奏。

 

 ホワイト・クリスマスという

 最高のシチュエーションながら、

 足元悪い中、沢山の方々が

 会場を訪れて下さいました。

 

 客席と演奏者が一体となり、

 言葉では表現し難い

 とても素晴らしい空間を

 皆様と共に共有出来た事は

 何ものにも替え難い

 貴重な体験となりました。

 

 共有する時間・空間で、

 個々の人々が、各々に

 感動と充実感を味わえた事が、

 なにより嬉しく、幸せでした。

 

 今年で6回目を迎えた

『X’masチャリティコンサート』

 

「また、お会いしましょう!」

 演奏者と私からメッセージに

 鳴り止まぬ会場の拍手に

 申し上げたい。

 

 コンサートを通じて、

 多くの人達との

 出会いに感謝。

 

 また、お会い出来る日を

 楽しみに..。

 

Vol.81 「お・や・す・み」

    我家の家訓の一つに
   「家族全員、同じ布団で寝る」
    がある。

    家内と私に挟まれて、
    二人の子供たちが寝床に就く。

    家内との生活がスタートした
    時点で我家の家訓は制定され、
    実行された。

    よって、結婚当初から、
    大きなベットを購入した。

    しかし、さすがに四人で
    寝るのは、一苦労。

    就寝時には、ポジションの
    取り合い・争奪戦が繰り返される。

    『ちょっと~、もう少し
     あっちに行って~』

    『あぁ~、落ちる~』

    『じっと、してぇ~』

    四人の協力・調和が無ければ、
   「おやすみ」がなかなか言えない。

    無論、親達は、真っ直ぐ
    なんか寝られない。

    でも、それが嬉しい。

    寒い季節、子供たちは、
    湯タンポ代わり。

    温もりが、寝顔が、
    夢の中へと誘う。

    ベットの端と端、
    頬杖ついて家内と語らう。

    『いつまで、一緒に
     寝られるかなぁ~』

    『いつまで、くっついて、
     寝てくれるかなぁ~』

    子供と共有出来る時間・空間。

    神様が与えてくれた至福の時に
    感謝し、家内に子供たちに
   「おやすみ」

    寄り添い、抱き締める時間が、
    とても愛しい。

Vol.80 「リアクション?!」

    子供は、感受性が強い。

    純真・無垢のキャンバスは、
    体感する様々なものへ即座と
    反応し、影響を受ける。

    勿論、テレビの影響は、
    とても大きい。

    お母さんの妊婦健診に
    一緒にやってくる
    お兄ちゃん・お姉ちゃんが
    小脇に大事そうに抱えている
    キャラクターのぬいぐるみ。

    一人のスタッフが瞬時に反応。
  
    「あぁ~!それ、
     ○○チャンでしょ?!」

    「毎週火曜日に
     放映されてるもんねぇ~」

    「?! ???」と、全く反応
     出来ないもう一人のスタッフ。

    子供の話題に反応・共感
    出来るかで、その人の
    子供の年齢・世代が判る。

    我が子も例外ではない。

    週毎・月毎、めまぐるしく
    変わる子供たちの話題・興味。

    付いていけない時は、
    即座に家内から情報収集。

    でも、最近、家内も
    付いていけないスピード感。

    『おい!筋肉!やるのか・
     やらないのか?!..』

    『○△×~、フォ~!!』

    子供の笑いの『ツボ』と
    大人の「つぼ」は、
    ちと違う?!のかも???

    そのリアクションにちょっと
    困る・戸惑う大人達。

    とにかく、引きつりながら
    笑う私がそこに居る。

Vol.79「メリー・クリスマス」


 天高く、数十基の

 熱気球が空を舞う。

 

 今年も佐賀インターナショナル

 バルーンフェスタがやって来た。

 

 遠く澄んだ秋晴れの一片の雲も

 大海を渡り、あの子の空へと

 続いている。

 

 海外からバルーンフェスタに

 訪れた一組の夫婦。

 

 そのお母さんは、お腹の中の

 赤ちゃんとやって来た。

 

 異国の地での思わぬ出産。

 

 青い目のその子は、

 日本で産声を上げた。

 

 少し小さな赤ちゃん。

 お母さんと共に入院。

 

 当時、未熟児・新生児センターに

 勤務していた私が、

 赤ちゃんの主治医となった。

 

 小さくても、とっても

 元気な男の子。

 

 祖国に帰るまでを日本の

 病院で過ごした。

 

 お父さんは、一時帰国。

 

 初めてクリスマスをお母さん、

 そして私と過ごす事となった。

 

 クリスチャンである

 その子の家族にとって、

 クリスマスは特別な日。

 

 家族離れ離れ過ごすクリスマス。

 

 クリスマス当日、母子と私の

 ささやかなパーティ。

 

 私からの赤ちゃん&お母さんへの

 プレゼントに

 目元が緩むお母さん。

 

 でも、やっぱりどこか寂しそう。

 

 でも..

 本当のプレゼントは...。

 

 クリスマスの前日、私の元を

 訪れた一人の男性。

 

 お父さんの来日。

 彼の訪問は、彼と私だけの秘密。

 

『メリー・クリスマス』

 

 予期せぬお父さんの来日に、

 夫婦の言葉なき抱擁。

 

 異国の地で過ごした赤ちゃん&

 家族の初めてのクリスマス。

 

 涙目の私からお母さんに、お父さん、

 そして赤ちゃんに

 もう一度、ここからの

「メリー・クリスマス」。

 

 あの日から数年。

 

 私に届いたクリスマス・カード。

 

 青い目の元気な男の子の

 家族写真に添えられた

 直筆のメッセージ・カード。

 

『Merry Christmas.

 See you again!』