スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.146「ありがとうが、恥ずかしい」


「おめでとうございます」

 


「あかちゃん、元気に逢いに

 来てくれたねぇ~」

 

「赤ちゃんとお母さんが、

 一緒に頑張りました!」

 

 満面の笑みでの私からの祝福。

 

『先生、有難う御座いました』

 ご出産されたお母様の一言。

 

『有難う御座いました、

 先生のお蔭で..』

 私に手を合わす赤ちゃんの

 おばあちゃん。

 

 お部屋で待機中のご家族へ、

 ご出産の報告へ向かった私へ

 ご家族全員が、私に頭を垂れる。

 

   照れくさい。

   恥ずかしい。

 


 ご出産で頑張ったのは、

 赤ちゃんとお母さん。

 


 ご妊娠され、私やスタッフ、

 クリニックとのお付き合いが

 始まったお母さん。

 

 定期検診や産前教室で、様々な

 サポート・ケアをした。

 

 ご出産前に、私たちが出来る

 すべての「思い」をお伝えした。

 そして、ご出産の際、私たちは、

 母と子へのたくさんの思いを

 抱えて、サポートする。

 

 信念をもって、お守りする。

『先生様のお蔭で..』

 深々とお辞儀されるお祖母様。

 

「えい、いえ、私は何も..」

 

「頑張ったのは、赤ちゃんと

 お母さんですから..」

 幾度と繰り返す私。

 

 あかちゃんが、頑張って、

 元気に逢いに来てくれた。

 

 おかあさんが、あかちゃんを

 守ってくれた。

 

 だから、恥ずかしい。

 

 思わず、俯く私の姿に

 スタッフは、ニッコリ笑う。

 

 こちらこそ、生命の尊さを

 体感させて頂いている。

 

 立ち会わせて頂いて、

 こころから感謝。

 

 こころから

 ありがとうございます。

 

Vol.139「ありがとう」


 新しい年を迎え、1月も後半に

 入り、日常の診療も患者様に

「おめでとうございます」の

 ご挨拶も一段落した感です。

 今年も患者様から、たくさんの

 年賀状を頂きました。

 毎年、スタッフルームに掲示し、

 お写真入りのお年賀に、私を

 始め、スタッフ全員で、喜びを

 共有しています。

 年が開け、日毎に増える便りを

 一枚、また一枚とスタッフと共に

「もう、貼る所がないねぇ~」と、

 楽しく眺めています。

 

 年毎に増えるみなさまからの

 年始のご挨拶。

 お子様とご家族、その笑顔に

 健やかなご成長を感じ、幸せを

 運んで頂いています。

 

 毎年、欠かさず、近況を

 ご報告頂く方も多く、

 感謝の念に絶えません。

 

 年の初めに、毎年届く

 幸せのお便り。

 

 今年一年の始まりに

 幸せを頂く私達。

 

「あけまして、

 おめでとうございます」

 

 みなさまの笑顔が見たくて、

 今年も、その第一歩を

 歩みだします。

 

Vol.138「髪きり」


 クリニックの近くに、

 美容室ができた。

 

 知人でもあったので、開店

 祝いにお花を贈った。

 

 こども達や家内が利用している。

 

 私は、ずっとお世話に

 なっている床屋がある。

 

『お父さん、ご挨拶がてらに

 一度、利用してみて』

 

 家内の何気な~い一言に、

「ぇえ~、マジでぇ~」

 困惑顔の私。

 

「一人じゃねぇ~」の私に、

『丁度、この子もカットするから

 お父さん連れてって!』の

 お母さん。

 

「えぇ~..」のトークダウン

 のお父さん。

 

 家内に玄関でお見送りされ

 ながら、次男坊のお供?!で、

 ドアを静か~に開ける。

 

「もう、閉店ですかね!?

 また、出直します」

 ドアを閉めかけた私に、

 

『あらぁ~、先生!良く

 いらっしゃいましたぁ!

 お坊ちゃんもご一緒に!』

 ちょ~元気な笑顔と声での

 お出迎え。

 

『ど~ぞ、どぅ~ぞ!さっさっ、

 どぉ~ぞ』と招き入れられた、

 シャンプー台へ。

 

 家内から、既に電話が

 入っていたらしい。

 

 シャンプー後、息子と

 並んで、鏡の前に。

 

 やや緊張気味の私と

 対照的に、隣の息子は、

『ぇ~とぉ、今日はぁ、

 前は少し短く、後ろは

 あんまり切らないで..』

 淡々とカットのご相談。

 

 私なんて、小学生の時に

「びようしつ」なんて、

 来たことない。

 

 軽やかなBGMの中、

 香水の匂いがするお姉さんに、

 髪なんて切って貰うなんて、

 有り得な~い・有り得ない。

 

『先生は、どうなさいますか?』

 横目で息子を羨んでいた私に、

 鏡越しのスマイル。

 

「おまかせします..」

 

『お待たせしました、

 お疲れ様でした』の声かけに、

「ありがとうございました」の

 会釈。

 

 息子と並んで、僅か

 1分の帰り道。

 

 でも、ちょっと、嬉しかった。

 一緒に並んで、髪切った。

 

「お父さん、ちょっと、

 カッコ良くなった?!」に

 頷く我が子。

 

 ほんのちょっとの帰り道。

 おてて繋いで、お家に帰る。

 

 家内に髪型笑われても、

 ちょっと良い気分、

 笑い続ける家内に微笑み返し。

 

 行って、好かった。

 

 今度は、長男と行こ~う!

 

Vol.137「いない・いない・ばあ」


 電車に乗る。

 少し混んでる。

 

 若いご夫婦。

 お兄ちゃんをお父さんが

 抱っこしている。

 

 妹くんは、ベビーカーの

 中で、スヤスヤ。

 

 そのお父さんは、進行方向に

 向かって立ち、抱っこ

 されているお兄ちゃんは、

 後ろを向いている。

 

 私は、そのお父さんの

 背後にいる。

 

 少し、退屈そうなお兄ちゃん。

 私と眼が合う。

 

「いない・いない・ばぁあ~」

 

 私の無言のご挨拶。

 

 お兄ちゃん、小さくニッコリ。

 

 ワンス・モア。

 お兄ちゃん、大きくニッコリ。

 

 更に、私の

「いない・いない・ばぁあ~」

 連続攻撃。

 

 もう私に、釘付け!

 声を出して笑う。

 

 お父さんも気づく。

 肩越しに私にニッコリ。

 

 更に、波状攻撃。

 お母さんも笑顔。

 

 身体揺すって、大喜び!

 

 私も益々調子に乗って、顔芸披露。

 

「あっ!」

 私の降車する駅に到着。

「バイバ~イ」

 私を眼で追うこども。

 

 ホームで小さく、手を振る私を、

 走り去る電車から見ている。

 

 小さなお兄ちゃんに貰った

 無垢の笑顔。

 

 今日も一日、善い事がありそう。

 

Vol.136「2007年に出逢って」


 平成19年・2007年が、

 やってきました。

 

 今年は、どんな「出逢い」が、

 私を待っているのでしょう。

 

 去年も、その前の年も..

「今年は、どんな出逢いが、

 私に感動を与えて

 くれるんだろう」と、

 ずっと、いつも、思っています。

 

 去年も、その前も、私には、

 そばらしい出逢いがありました。

 様々な感動がありました。

 

 今年もいっぱい・いっ~ぱい、

 たくさん・た~くさんの

「感謝」と「ありがとう」を持って、

『一期一会』を大切にしたいと

 思います。

 

 2007年に出逢うすべての人に、

 よきことが起きますように。

 

 ワクワク・ドキドキ。

 

 スタッフ一人一人に、

「おめでとう!」、

「今年もどうぞ、よろしく!」

 

 笑顔とえがお。

 すまいる&スマイル。

 

A HAPPY NEW YEAR!