スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.238「大忘年会」


年末行事・クリニックの忘年会を開催。

 

忘年会・実行委員会が趣向を凝らし

とても素敵で楽しい会を開いてくれた。

 

今年のテーマは「癒し」。

 

癒しをテーマにした様々な企画が

用意されていた。

 

今年・90周年を迎えた・たなべクリニック。

 

初代院長の紹介。

90年の歴史の歩み。

 

新人スタッフは「たなべクリニック」を学ぶ。

 

たなべクリニックでは

スタッフを「大使」と呼ぶ。

 

「たなべクリニックは・私たちスタッフの

集合体であり・私たちは選ばれたメンバーです」

と考える。

 

「常にたなべクリニックの大使としての

役割を認識し・責任ある行動をします」と誓う。

 

「クリニックの分化は・先輩達が培ってきた

クリニックの風土である」と認識する。

 

宴会場の席には・忘年会委員から

一人一人に「手作りの栞」が配られていた。

 

その栞には・一人一人に

“労いの言葉”が添えられていた。

 

「お金では買えないもの」が・そこにはある。

 

盛会の内に幕を閉じる。

 

最後に院長からのメッセージ。

 

「今年一年・お疲れ様・感謝」

「クリニックスタッフとしての誇りを持つ」

「『お金では買えないもの』をこれからも

提供していきましょう」

 

お金では買えないもの・・。

 

そこに共感・共鳴する。

そこには・感動・感激・感謝がある。

 

みんな・ありがとう。

 

   感謝・・。

 

Vol.237「クリスマス・チャリティコンサート」


「みんな・楽しかったぁあ~?!?」

 

『はあぁ~い!!』

 

「今日は・来てくれてありがと~う!!!」

 

今年も盛会の内に

「たなべ・クリニッククリスマスチャリティコンサート」

が幕を閉じた。

 

“地域の子育て支援”に共に参画している

地元保育園の先生方にによる

クリスマスメドレー。

 

“うぶみっ子”(たなべクリニックで誕生した

子供たち)のお母様を中心とした人形劇。

 

プロのマジシャンによる

“コメディ・マジックショー”。

 

会場を訪れてくれた・たくさんの子供たちの

笑顔や笑い声が絶えない。

ステキなコンサートとなって。

 

「今日は・はしゃぎ回って・飛び跳ねて

笑って・遊んで帰ってにぇ~」

 

私からのメッセージ。

 

こどもは・みんなの~地域の・宝もの。

 

こども達の笑顔・・。

 

無垢の“えがお”が・み~んなを幸せにする。

 

チャリティは・地域のこども達への

クリスマスプレゼント。

 

わたし達は・こども達に

ステキな笑顔をプレゼントして貰った。

 

Vol.236「淡恋・・こころ」


思春期を迎えた我が子。

 

好きな女の子の一人や二人はいる・・らしい。

 

彼と一緒に入浴。

やや浮かない顔が湯船に沈む。

 

「どうしたん?ちょっと元気ないやん」と父。

『いや・・別に・・』と息子。

「どうしたん!隠さないで教えてよ~」

『ぅう~ん・・』

 

密かに想いを寄せていた女の子が

別の男の子と“おてて繋いで下校”を目撃。

 

『ふられたあぁ~』と寂しげな背中。

「大丈夫!また好きな子・出来るさ!」

「別に・・付き合ってた訳じゃないから

ふられたわけでもないやん!」

 

フォローになってない父の発言。

 

「いや・・あの・・その子もその男子と

付き合ってるって確証ないし・・」

「チャンスあるかもよ!」

 

『・・』先にお風呂をでちゃた・・。

 

深夜・家内にこっそり報告。

 

青春・青春。

明日も頑張れ!

 

Vol.235「サンクス・カード」


たなべクリニックには

「サンクス・カード」なるものがある。

サンクス・カード

“ありがとう”を込めたカード。

 

ある朝・一人のスタッフが

クリニック駐車場のゴミを拾いながら・出勤。

 

それを見ていた別のスタッフが

スタッフルームに常設してある

「サンクス・カード」を手に取る。

 

「今朝・○△さんが出勤の際

 駐車場のゴミを拾っていた。

  何気ないその行動に

   私も見習わなくてはと感じた。

    ○△さん・ありがとう!」

 

カードには・○△さんの名前と

自分の名前を記入し・ボックスへ投稿する。

 

毎月・ボックスは開封され

スタッフ全員に公開される。

 

「ありがとう」を与えてくれた人。

「ありがとう」を書いてくれた人。

 

その両人が・スタッフ全員から賞賛される。

 

“ありがとう”は・日常の小さな

何気ない言動から始まる。

 

「感動・感激・感謝」は

その積み重ねである。

 

今日も誰かの言動に・他の誰かが

“ありがとう”を言う。

 

その想いが「サンクス・カード」に

込められている。