スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.299「ハンサム・スーツ」


息子二人と共に・テレビで邦画を観た。

 

軽いのりで・くつろいで観賞。

コメディタッチのストーリー。

 

ハンサムではない独身男性が・ハンサムに変身。

 

ある日・突如一変した人生を歩み出す。

 

外見と中身。

 

テーマはシンプル。

 

だけど・無言のメッセージがあった。

 

おもしろかった。

笑えた。

 

そして・少し考えさせられた。

 

良かった。

 

観て・良かった。

 

息子たちと一緒に観れて・とっても良かった。

 

Vol.298「バレンタイン」


2月14日。

 

ローマ皇帝の迫害下で殉教した

聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に

由来する記念日とされる。

 

セント・バレンタインデー(St.Valentine’s Day)。

 

私にプレゼントをくれるスタッフがいる。

 

手作りのもの。

選んで買ってくれたもの。

 

毎年異なる。素敵な贈り物を届けてくれる。

 

そしていつも・私を労う温かいメッセージカードが

添えられている。

 

それが何よりも・有難い。

 

大切ななものが・今年もまた・・増えた。

 

Vol.297「うぶみ編集室」


うぶみ。

 

たなべクリニックには・機関誌「うぶみ」がある。

 

年四回・季節毎にお届けしている。

 

クリニックスタッフ自らが・作成編集している。

 

だから・想いがある。

 

毎月の編成会議。

 

みなさまに届けたい・想いがある。

 

たくさんの方々が・毎号楽しみして下さっている。

遠く唐津を離れ・毎号届く「うぶみ」を

心持ちしている方々がいる。

 

あなたのために・わたしのために・みんなのために。

うぶみは存在している。

 

届けたい想い共に。

 

Vol.296「小雪舞う」


陽が落ち・寒さが一段と進む。

 

空が更に暗くなり・雪舞う。

 

深夜になり・降り続く。

 

駐車場は・一面銀世界。

静寂が・より深くなる。

一夜限りの別世界。

 

小雪舞う。