スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.356「すなお」


「ハイ!どぅ〜ぞぉ!」

『あらっ!すいません先生』

お母さんの診察に”付き添って”来てくれた
お姉ちゃんへ・お礼のお菓子を手渡す。

『なんて言うのかなあ』
の・お母さんの問いに・お姉ちゃんは・・。

『あ・り・が・と・う』
と・言ってくれる。

『あらっ!そんなことしちゃだめよ』
の・お母さんの言葉に・お兄ちゃんは・・。

『ごめん・なさい』
と・言う。

子供たちは・
『ありがとう』
『ごめんなさい』
が・言える。

躊躇なく・言える。

言いたい。
誰もが・言いたい。

言えるよね。


Vol.355「祈念」


きっと・・神様がお怒りになっている。

誰に・何にお怒りなのかは・分からない。

けれど・私たちに・大切な何かを
お伝えしようと考えていらっしゃるのではないか。

手を合わす。

とにかく家内と二人・・。

神様の気がお静まりになるまで・二人で祈念。

合掌。

祈念。


Vol.354「約束」


3月11日金曜日・午後。

その日の診療後・ニュースに唖然・茫然。

翌12日土曜日・診療合間の昼食中。

ニュースに絶句。

被災された方々に・心中より祈念。

私は・私に出来る事をする。

こころに決めた。

「きつい」「しんどい」言わない。

「疲れた」言わない。

一生懸命。

私は・私に出来る事を続ける。


Vol.353「長所」

「自信がない」子供たちが増えている。

自分に自信がない子供は
「自分が好きじゃない」と呟く。

昔は・たくさんの色々な一等賞があった。

かけっこ一等賞・縦笛一等賞・缶蹴り一等賞・・。

でも今は・勉強一等賞しかない。

親は・我が子の短所を多く語る。

無条件に喜んでいた・我が子の誕生。

けれど・いつのまにか条件付きの子育てに。

長所とは・・。

当たり前が出来る事。

長所とは・生きていること。

こどもを引き算で評価しない。
足し算で評価する。

自分の足で歩いている。
今日も元気に学校行った。

それで・いいじゃん!

それで・じゅ〜ぶんだよ。

ね!おかあさん。


Vol.352「かちんコチン」


毎日・・。

コツコツ。

時折・お休みの日もあり。

スタッフや患者様から頂いたチョコを
冷蔵庫から取り出し・お口の中へ。

「今日は・どれにしようかなぁあ〜」

白い細長い箱をチョイス。

「?!?」。

かちんコチンのソックス2足。

家内・大爆笑!

二人で・大笑い。

只今・解凍待ち。

それ見て・更に二度笑い。

ありがとう・プレゼント。

ごめんない・靴下さん。