スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.447「大切なもの」


「おめでとうございます・良かったですね」。

『ありがとうございます』。

「よく頑張りましたね」。

『はい・・』。

大事に持ち帰る一枚の写真。

その後・通院を重ねる。

「赤ちゃん見えてきましたね・順調ですよ」。

『はい・ありがとうございます』。

大切に大事に持ち帰る写真。

その姿はとても微笑ましく・いとおしくさえある。

赤ちゃんが彼女をお母さんに・・。
やっと・・選んでくれた。

ありがとう・赤ちゃん。

あなたのお母さんは・あなたの写真を大切に大事に
持って帰ってたよ。

きっとお父さんも待ってるよ。


Vol.446「三倍」


就職から36年間。

愛妻弁当は続いた。

定年したその翌日に宣言。
「明日から私がお昼ご飯を作る」と・ご主人。

奥様がこころを込めて・36年もの間作ったお弁当。
きっと恩返ししたいくらい・素敵なお弁当だったに違いない。

定年から12年。

夫の愛妻ランチは続いている。

ご主人は・今でも愛妻弁当箱を大切に持っている。

弁当作り歴。

妻・36年。
夫・12年。

追いつくまで・・あと三倍。


Vol.445「ちゃんとわかってる」


『りょうへい先生!不思議です』。

『明日健診でりょうへい先生に逢うとわかると
前日の夜は赤ちゃんがとても動くんです!』。

『この間のりょうへい先生の母親学級なんか
すっごく動いてましたもん!』。

『赤ちゃん・りょうへい先生がわかるんですねぇ~』。

『りょうへい先生が好きなんですねぇ~』。

ちょっと興奮気味に・お話してくれるお母さん。

『この間まで逆子だったから・りょうへい先生が
赤ちゃんによく相談しなさいって言ったから
ずっと赤ちゃんとお話してました』。

すると・・。

今日は・逆子なおってました。

「赤ちゃん・いろいろな方向きを向いてみたかったんだよ」。

「軽い気持ちで・気分転換してたら逆子だ・逆子だって
みんなが騒ぐから少し驚いてたんじゃないのぉ~」。

『そうですかぁ』。

赤ちゃん・何でも知っている。

なんでも・わかっているんだよ。

ねぇ~お母さん。


Vol.444「付き添い」


「お兄ちゃん!おはようございます」と・私。

『おはよ~ぅ』と・元気にご挨拶。

うろうろ・キョロキョロ。

一回りしたら・お椅子に腰かけ。

「お兄ちゃん!ハイどうぞ」。

お菓子を手渡す。

『ありがとう!』。

『すいません先生・いつも』と・お母さん。

だって・・お兄ちゃんは・付き添いだもんねぇ~。

お兄ちゃんが・ちゃんとお腹の赤ちゃんとお母さんを
守って付いて来てくれたんだから。

ありがとう。

お兄ちゃん。

また・付き添いでおいでよ。

待ってるからね。


Vol.443「いつの間にか」


ソフロロジー法の日本での普及のため
全国各地で講演をする。

”きゅうぴぃ先生”と私は・呼ばれている。

なぜならいつも”きゅうぴぃちゃん”を抱っこして
講演するからである。

『りょうへい先生は・いつもほんとに大事そうに
だっこしてますね』と・よく言われる。

だって・・。

とっても大事ですもん。

私の診療室のテープルの上にもたくさんの
きゅうぴぃちゃんたちがいる。

一人・二人と・・自然とお仲間が増えていった。

私が買い求めたものはない。

不思議と・集まってくる。

いつのまにか・増えている。

誰かが・私や私のきゅうぴぃちゃんのために
仲間を増やしてくれている。

「?!」。

今朝も・二人増えてる。

「はじめまして」。

みんな大事なお友達。

大切なファミリー。


Vol.442「十年ぶり」


毎日虐待やいじめに関する事件事故は・後を絶たない。

連日悲しい報道を耳にする。

そんな中・日本国内の産婦人科の現場では
母と子の絆の大切さ・重要性を再認識している。

その為に母と子の絆を第一に考える
ソフロロジー式産前教育の必要性が最重要視されて来た。

妊娠中のお母様の母性をいかに醸成させるかを
多くの医療機関が考えている。

その為に産前教育をいかに行うかを
医師・助産師・看護師が想い悩んでいる。

そんな全国の沢山の医療従事者が
たなべクリニックを訪れている。

たなべクリニックは
『日本ソフロロジー法研究会』が認めた
日本で最初の研修指導施設である。

たなべクリニックは・認定を受けた平成八年より
ずっと一貫して産前教育の重要性を説いている。

多くの医療関係者が学んでいる。

十年ぶりに再び研修に訪れる人々もいる。

彼らはたなべクリニックの「変わらぬ信念」に共感し
再教育を受け・自らの医療の現場に戻って行く。

たなべクリニックは
「研修指導施設」として・普遍な信念の元
全国の沢山の同志の為に存在し続けている。


Vol.441「楽しい~」


思わず笑みがこぼれる。

ニコニコ・わくわく。

「うれしい?!」。

『ハイ!とってもウレシイです』。

『陣痛来ないかなぁあって・毎日楽しみにしています』。

妊娠中から既に・お腹の中の大切な赤ちゃんの”お母さん”に
なっている方々は・口々にみなそう表現する。

ドキドキ・こわいがない。

不安心配より・逢いたい気持ちがこころを満たす。

『楽しみですぅ~』。

今日もニコニコ。

お腹の赤ちゃんもきっと一緒に・にこにこ・ワクワク。


Vol.440「エンヤ~!エンヤ~!」


唐津くんちは・唐津神社の秋季例大祭である。

勇壮果敢な曳山は・からつっ子の血を熱くする。

お囃子を聞いて・育った私にとって
おくんちは・自身のルーツを辿る魂の三日間である。

今年も無事に曳山を納める事が出来た。

仲間に感謝。

郷土愛に感謝。


Vol.439「花」


クリニックには・花が溢れている。

こころを込めて活けている。

「花に癒される」。
「こころの痛みが和らぐ」。
「ストレスが軽減する」。

嬉しいお言葉を訪れる方々から頂く。

生花を飾る。

いのちを活ける。

花がみなさまを迎える。

おもてなし。

ここらからのおもてなし。

こころ配り。

ここらから活けている。


Vol.438「ウォーキング」


ウォーキングしている。

夜風に触れて・歩いている。

この時期唐津では・おくんちに向けてお囃子の練習が
各町内で行われている。

耳に届くお囃子の音色が・ウォ―キングを後押ししてくれる。

黙々と歩く。

時折・眼に飛び込むすてきな風景に歩くスピードも緩まる。

無心に歩く。

汗がにじむ。

大きく深呼吸。

夜風が気持ち良い。

歩く。

歩き続ける。

自分と向き合える・大切な時間。