スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.430「想い」

「ありがとうございました」。
「ご活躍をお祈りしています」。

長年・たなべクリニックを担当して下さっていた
担当者が栄転となった。

入社以来・たなべクリニックの担当であった彼と
クリニックの成長を共に歩んで来た。

関連業者スタッフである彼も
たなべクリニックの大切なファミリーであった。

スタッフみんなで・彼の送別を惜しみ
想い思いの感謝の気持ちを色紙に寄せた。

また・逢える。

お元気で。

再会を楽しみに。

感謝。


Vol.429「つきそい」


「こんにちわ~」。
「よく来たねぇ~」。

診察室に入って来た・お兄ちゃんに私からご挨拶。

お腹の中の赤ちゃんとお母さんと一緒に来てくれたお兄ちゃん。

お兄ちゃんは・少しニコ。

けど・ちょっぴり緊張。

「ハイ!どぉ~ぞ」。

『ありがとう!先生』。

『いつも・すいません』。

お菓子を貰って・喜ぶお兄ちゃん。

「また・おいでねぇ~」。

再来の毎に・自分の生まれたクリニックに慣れてきたお兄ちゃん。

今では・クリニックを訪れる事を楽しみにしてくれている。

「ハイ!どぉ~ぞ」。

『ありがとう!先生』。

喜ぶ・お兄ちゃん。

『いつも・すいません』。

「いいえぇ~」と・私。

だってぇ~。

つきそいだもんねぇ~・お兄ちゃん!


Vol.428「ジグソー」


「ん?!」。

『ダメ!触らないで』。

テーブルいっぱいに繰り広げられる大作。

昨夜の息子の夜なべに家族全員ちょっとビックリ。

「もう何にも出来ない」と困り顔のママ。

『あと少しで完成だから』。

完成まで・あと少し。

しかし・ここからが難関。

息子の作業の手もペースダウン。

ピースを持つ手も・しばし止まる。

「もぅう~・早くしてよ~」。

ママもちょっぴりイライラ。

「ん?!」。

ミイラとりがミイラに。

サポーター1号お母さん。

母と子の共同作業。

サポーター2号お父さん。

ゴールは近い!

『やったぁあ!』。

家族みんなでハイ・タッチ。

久しぶりのジグソーパズル。

親子で・ブチ達成感。大作完成。

でも・・。

何処に飾るの・・。


Vol.427「 なまえ 」


『○△ちゃん・ガンバレ!』。

お母さんと一緒に陣痛を乗り越える赤ちゃんを
お姉ちゃんは応援。

元気に逢いに来てくれた赤ちゃん。

『○△ちゃん・こんにちわ!』。

お姉ちゃんは・ニコニコ。

『○△ちゃん』。

お姉ちゃんが・お腹の中の赤ちゃんにつけた”ニックネーム”。

お姉ちゃんは・お腹の中の赤ちゃんにお話していた。

お姉ちゃんが・ずっと呼び語りかけていたお名前。

「お名前・なににしようかなあ」と・お母さん。

『○△ちゃんでしょ!』と・お姉ちゃん。

お母さん・ちょっと困り顔。

でも・・。

「○△ちゃんにしよっかあぁ~」。

『うん!』。

お姉ちゃん・ニッコニコ。

先生もニコニコ。


Vol.426「夏休み 」


お姉ちゃんお兄ちゃんがやって来る。

夏休みはみんなで
お腹の中の赤ちゃんとの”面会日”を楽しむ。

超音波検査越しに見る赤ちゃんの動き・音に
姉兄たちはにこにこ・ワクワク。

でも診察室にも・興味津々。

右に左に・お目眼をキョロキョロ・ウロウロ。

輝く眼差しはお腹の赤ちゃんとお母さんを
離れて探検へ出発。

診察が終わる頃には・隣のお部屋でお絵かき大会。

「もう・帰るよ~」。

『バイ・ばあぁ~い』。

元気にお帰りのご挨拶。

「また・おいで」。

いつでも・待ってるから。