スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.516「アナログ」


友との会話。

メールもいいけど・・。

声が聴きたい。

顔を見たい。

膝を合わせて・話しがしたい。

空間を共有したい。

逢いたい。

お買いもの。

ネットで簡単ショッピングもいいけど・・。

手触りを感じたい。

袖を通してみたい。

試着して鏡の前に立ちたい。

店員さんと会話したい。

人と触れ合いたい。

温度を感じたい。

香りを・空気を感じたい。

“いいね”は・直接逢って伝えたい。

Vol.515「おめでとう」


入学式。

真新しいランドセルに可愛いお洋服。

小さな身体に・立派なランドセル。

一年生。

六年間の成長の中で・大きなランドセルが少し小さく見える日がやって来る。

あなたの成長をみんながサポートするよ。

おめでとう。

オメデトウ。

未来からの使者。

あなたには・限りなき素敵な未来が待っている。

たくさん笑って・いっぱい泣いて・・。

思いっきり走って・転んで・・。

大丈夫。

みんながあなたを見守っている。

Vol.514「アドバイザー」


『ちょっと待って・こっち向いて』。

玄関先で息子からのお出かけ前チェック。

『ん~・シャツは中に入れたがいいんじゃない』。

『襟が少し曲がってるよ』。

「・・・」。

「これで・・OK?!」。

『!!』。

息子からのOKサイン。

最近は家内より我が子のチェックが多くなった。

息子と出かける家内にも・我が子からのお出かけ前チェック。

やや緊張気味のママ。

息子からのニッコリOKサイン。

「さあ!行きましょ」。

親子でお出かけ。

準備万端。

でも・・もう少しズボン上げてくんないかなあ。

上着着て行かないとちょっと寒いよ。

お父さんからのアドバイスにも耳貸して下さいね。

Vol.513「食の繋がり」


家族で食卓を囲む。

我が子が小学生の頃おかずを残した。

「好き嫌いはだめ・食べず嫌いもダメ」。

「あと半分頑張って食べなさい」。

中学生になった子供が夕食に箸をつけない。

「十分な食事も出来ない子供たちが世界中にはいるんだ」。

「贅沢言わずちゃんと食べなさい」。

大きな背中の高校生の息子が家内の手料理を残す。

「一生懸命作ってくれたママに申し訳ない」。

「ママにスーパーで食材を売ってくれた店員さんに申し訳ない」。

「食材を加工してスーパーに卸してくれた工場の従業員さんに申し訳ない」。

「一生懸命丹精込めて作ってくれた農家の方に申し訳ない」。

「あなたの目の前にある料理には色々な人々の想いや手間が繋がっているんだ」。

「そんなたくさんの方々の繋がりに感謝して手を合わせなさい」。

「それが“いただきます”なのだよ」。

繋がりに感謝。

食物の恵みを与えてくれる天と地に感謝。

いただきます。