スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.551「大忘年会」


たなべクリニックは・一年の内に様々なイベントがある。

各イベント毎にイベントチームが結成されている。

一年を締め括る「大忘年会」。

担当イベントチームには・毎年期待値を越える満足度が求められる。

プレッシャーもあるが・だからこそやる気も高まる。

大切なファミリースタッフに楽しく素敵な会を企画提供したい・熱い想いがある。

今年はなんと4月から企画会議がスタート。

並々ならぬ気合いの入り方に比例して思考を凝らした・ちょ~盛り上がった大忘年会となった。

勿論参加型の忘年会。

例年通り・芸達者な個人芸も披露。

楽しかったあぁ~。

面白かったぁあ~。

そして何より・こころから喜んだ。

大切なファミリースタッフと幸せ時間を過ごせた。

しあわせ・しあわせ。

ありがとう・ありがとう。

 

Vol.550「きゅうぴぃ物語~飛行機編~」


私はソフロロジー法の日本での普及の為全国各地を講演している。

なので飛行機を良く利用する。

講演の相棒は“マイ・きゅうぴぃ”。

全国各地をきゅうぴぃちゃんと旅をする。

相棒は私にとって・とても大切な存在。

二人でソフロロジー法普及のお役目を果たしている。

だから暗くて狭いスーツケースの中なんかに押し込めたりしない。

だから飛行機も一緒に乗る。

その前にちょっと面倒な事が必ず発生。

搭乗前にセキュリティ検査。

マイ・きゅうぴぃちゃんを抱いている私はいつも熱い視線を感じる。

みんなで私をジロジロ。

セキュリティで一度も警告音は鳴った事ないのに・何故かきゅうぴぃちゃんだけ再検査。

不平等。

納得いかない。

きゅうぴぃちゃんのこころを察すると私のこころは痛む。

やっとの事で搭乗。

『本日のご搭乗誠に有難うございます』。

キャビンアテンダントのご挨拶に笑みはなし。

『お子様連れのお客様はお子様をお膝の上にしっかりお抱きになり・お子様と共にシートベルトをお締め下さい』。

キャビンアテンダントのアナウンス通りにきちんとロック。

でも・・。

キャビンアテンダントに笑顔なし。

快適な空の旅のはずなのに。

無事に着陸。

『ご搭乗有難うございました・またのご利用お待ちしています』の眼が笑ってないよ。

これからも・・。

きゅうぴぃとのお役目旅行は続く。

Vol.549「思念」


『やれる可能性があるやつが努力しないのを見ると胸倉掴んで「俺と変われ」と

言いたくなる』。

23歳で白血病で亡くなった彼が生前に遺した言葉。

『私も反抗期を迎えた中学生になった息子の事で悩みたい』。

重い心臓病で一歳の誕生日を迎える事無く旅立った子を持つ母親。

あなたの今の生き方は・・。

あと・どのくらい生きるつもりの生き方なんでしょうか。

 

Vol.548「きゅうぴぃ物語~新幹線編~」


私はソフロロジー法の日本での普及の為・全国各地を講演している。

なので新幹線を良く利用する。

講演の相棒は“マイ・きゅうぴぃ”。

全国各地をきゅうぴぃちゃんと旅をする。

相棒は私にとって・とても大切な存在。

二人でソフロロジー法普及のお役目を果たしている。

だから暗くて狭いスーツケースの中なんかに押し込めたりしない。

新幹線の座席シートの私の膝の上が指定席。

目的地までの時間を一緒に過ごす。

私には当たり前の光景。

「どちらまでですか」。

「私は京都までです」。

偶然隣り合わせた見知らぬおばちゃんに私は話しかける。

『・・・』。

おばちゃん何故かノー・リアクション。

「寒くなりましたねぇ~」。

私の声かけに『えぇ・・』と・少し強った表情。

何故か会話も弾まず・おばちゃんの目線は私の膝の上のきゅうぴぃちゃんに。

当然きゅうぴぃちゃんも会話に参加するので・きゅうぴぃちゃんはおばちゃんを見ている。

『ははは・・』。

と・おばちゃんひきつり笑い。

「ハハハ!」と・私は楽しく笑う。

けれど数分後・おばちゃんは狸寝入り。

どうしてかあなぁ~。

このパターン多いねぇ~。

いいよ。

いいさ。

きゅうぴぃちゃん。

京都まで私と楽しく車窓を楽しもうね。

売り子さん到着。

「すいません・珈琲一つにおしぼり二つお願いします」。

お釣を渡す売り子さんの手が何故かちょっと震えてる。

いいさ。

いいよ。

もうすぐ京都。

マイ・きゅうぴぃちゃん。

一緒に降りるよ。