スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.604「連れ添う」

夫婦で知人のホームパーティーに招待された。

「気の置けない友人たちの集まりだから・是非お越し下さい」と招待状が届いた。

パーティーには20名程のゲストが集まっていた。

初対面の方々も多かっが・気さくな楽しい会話に花が咲いた。

ご夫婦で参加の方々もいらっしゃった。

私たちより少し年配のご夫婦はとても素敵な方だった。

素敵なご夫婦には共通点があるように想えた。

永年連れ添ったお二人には同じオーラを感じる。

似た者夫婦。

互いに寄り添い歩み寄り・同じ時間空間を過ぎた者同士に生まれる何かがあるように想える。

人生の大半を共に歩みながら・更にまた素敵な夢を描いていらっしゃる事にも共感した。

目指すべき素晴らしい方々にお逢いする事が出来た。

出逢いに感謝。

またお逢い出来る日を楽しみにしたい。

 

Vol.603「クリスマス」

家内からクリスマスプレゼントを貰った。

一冊の本。

彼女は読書家。

ベットサイドに積まれた本の山。

様々なジャンルの本を読む。

『あなたが忙しいから私が沢山本を読んで・おいしい所を教えてあげるね』。

積まれた本たちには付箋が付けてある。

『あなたに読んで欲しい箇所をピックアップしてるから』。

『この本は是非読んで欲しい』。

『これはいまいちだった』。

『あれは期待外れだった』。

そんな妻からプレゼントされた一冊の本。

毎日少しずつ読むよ。

クリスマスツリーの側で読むね。

除夜の鐘聞きながら読んでみよう。

プレゼントありがとう。

 

Vol.602「愚痴」

大人だって愚痴を溢す。

勿論親だって。

テンション低い時だってある。

家内が何気に話し出す。

息子が相槌打ちながら静かに家内の話を聴いている。

反論する事もなく、母親の言葉に頷く。

同意する。

共感する。

家内の気持ちは自然と和らいでいく。

「ありがとう・話を聴いてくれて」と母。

『いいよ・いつでも』と息子。

こころ優しいなぁ。

こころ広いなあ。

親と子。

時に人と人。

 

Vol.601「ラグビー」

ラグビーワールドカップ閉幕。

久しく世間の眼から遠ざかっていたラグビーが日本で注目を集めた。

日本代表の直向きで強固な長年の精進が実を結んだ。

私は大学時代にラグビーと出逢った。

高校生の時サッカー部に所属していた私は大学進学時にはサッカー部への入部を考えていた。

ふとした出逢いからラグビーを始める事となった。

とてもハードなスポーツだった。

同時にこころ踊り・血騒ぐ競技でもあった。

練習はきつかった。

合宿は大変だった。

しかし・知れば知る程ラグビーの奥深さにのめり込んで行った。

怪我も絶えなかった。

負傷する度に父から『お前は何のために医学部に行ってるんだ!』と問われ

「ラグビーするため!」と即答していた。

ラグビーは15名のチーム競技。

15名各々がそれぞれの役目がある。

足が速い者・背が高い者。

身体が大きい者・小さい者。

適材適所の役割がある。

全員が一人のために。

一人が全員のためにプレーする。

楽しかった。

おもしろかった。

試合終了はノーサイド。

試合後は両チームが互いを称え会う。

多くの学びがあった。

たくさんの友が出来た。

ラグビー精神は素晴らしい。

 

Vol.600「なりたい自分」

人はなりたい自分になる。

こんな時・なりたい自分ならどうするか?

あんな時・なりたい自分ならどう考えるか?

どういう自分になれば・目標を達成できるか?

そんな自分にはなりたくないのではないか?

トラジックを発する自分/怠ける自分。

どういう自分でありたいか?

「どうせ私は〇〇になれない/☓☓だから」と想ってしまうと・そうなってしまう。

「なりたい自分」がはっきりしていれば・そうなれるように自然と心がける。

「なりたい自分」と言う道標があれば・なりたい自分になる。