スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.651「幼馴染」

幼なじみがいる。

物心ついた頃から・よく一緒にいた。

小学生の頃・下校後寄り道して暗くなるまで遊んだ。

成長し・お互いの道を歩みだした。

友達も増え・交友関係も変化していった。

学校卒業後・次第に逢う機会も減った。

たまに逢うと彼はいつも「久し振り!元気だった?」と・にこやかに声を掛けてくる。

気付けば・彼はいつも変わらぬ距離感で私に接していた。

いつでもウェルカムで・空白の時間を感じさせない。

再会を楽しみにしている。

これからもずっとこのままで。

Vol.650「大使」

『先生おはようございます』。

ホームセンターのスタッフさんがにっこり。

『いらっしゃいませ先生』。

ランチに入ったお店の店員さんがにっこり。

『先生有難うございます』。

コンビニ店員さんがレジでにっこり。

クリニックで出逢った方々と様々な場所で再会する。

いつも笑顔をありがとう。

またお逢いしましょう。

Vol.649「晴男・雨女」

私は晴男。

家内は雨女。

時に嵐を呼ぶ女。

明日の天気予報は・曇時々雨。

明日は夫婦でお出かけ。

家内が予報通りに勝つのか。

私のパワーで曇を蹴散らすのか。

翌朝カーテンをそっと開けてみる。

雨降ってない。

出掛ける頃には・晴れ間も覗く。

快勝。

連敗の後の連勝。

家を出る時の私のドヤ顔に・妻はノーリアクション。

これからも続く曇と太陽の闘い。

帰宅頃に一雨。

勝って兜の緒を閉める。

Vol.648「一生懸命」

足が遅い。

かけっこは・いつもビリ。

でも一生懸命に走る。

音痴。

みんなから笑われる。

でも一生懸命に歌う。

ベストを尽くす。

いい加減ではない。

それがカッコいい。