スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.686「ランドセル」

ファミリースタッフのこどもが来年小学校入学。

子も親も院長もとても楽しみ。

新一年生は・ワクワクドキドキのランドセル選び。

最新のランドセル事情を調査。

ビックリ・どっきり。

軽くて丈夫は当たり前。

通気性まで良い。

なんとカスタマイズできる。

色も24色のバリエーション。

私が入学する頃は・男の子黒・女の子赤の2色の世界。

そしてなんと!

背負うだけじゃなくて・手に持つ・肩に掛けるの3スタイル。

ただただ驚くばかり。

すごいねぇ~。

楽しいねぇ~。

入学式待ち遠しいねぇ~。

Vol.685「変容」

長い不妊治療期間を経て・無事ご妊娠されたご夫婦がいる。

妊娠された時には・私自身も本当にうれしかった。

言葉では言い表せないストレスがあったと想う。

不妊治療中には・表情がとても暗い時期もあった。

妊娠され順調に経過していく中で・その表情がとても穏やかになっていかれた。

「だいぶ妊婦さんみたいな顔つきになってきましたね」と私。

『あらそうですか』と笑みがこぼれる。

髪型もショートカットに。

良くお似合いです。

お腹も大分大きくなりました。

楽しみですね。

私もとても楽しみです。

Vol.684「次こそは」

学生時代テニス部だった息子は・卒業後も大好きなテニスを続けている。

地元のテニスクラブに所属して・子供たちを指導している。

趣味で続けているテニスだが・時々所属しているテニスクラブよりエントリーして

大会へ参加している。

前回は2回戦敗退。

悔しい想いをした。

今回優勝目指してエントリー。

しかし・惜しくもベスト4には勝ち上がれなかった。

「悔しい?」と私。

『・・楽しかったからいい』と息子。

残念会開催。

明日も練習に行くらしい。

やっぱり・・悔しいよね。

次こそは・・。

楽しんでステップアップしよう。

朗報を父は待っている。

 

Vol.683「余命」

ガンの告知を受けた方がいた。

余命宣告も受けた。

その方は・・。

ガンになって良かったとおっしゃった。

『残された時間を家族と大切に過ごせる』。

『家族も私との時間を刻んでくれる』。

『事故や震災などで突然別れを迎える訳ではない』。

『私は死を知る事で残された時間を有意義に過ごしきちんとお別れが出来るから』。

『だから私はしあわせ』。

そう語られた。

返す言葉は見つからなかった。

ただ・・。

いま・ここを生きよう。

そう強く想った。