スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.691「しあわせ日記」

「家族と一緒にラーメン屋に行きたい」。

「家に帰りたい」。

「大人になりたい」。

小児がん病棟に入院している子供たちの夢です。

私は毎日「しあわせ日記」を綴っています。

今日嬉しかった事・感謝したい事を書き記しています。

「今日は天気が良かった」。

「家族と一緒にご飯が食べれた」。

「お風呂にゆっくり入れた」。

幸せとは・幸せである事に気付くこと。

他愛もない日常に・たくさんの幸せが溢れている。

V0l.690「緊急」

お腹の赤ちゃんがお母さんと共に元気に妊娠中を経過。

予定日が近まり自然と陣痛が始まった。

お産の進行はゆっくり。

赤ちゃんもお母さんと一緒に頑張ってくれている。

けれど赤ちゃんが上手く逢いに来れない時もある。

暗くて狭い産道で少し足踏みする事もある。

そんな時。

帝王切開で逢いに来てくれる赤ちゃんもいる。

緊急手術でも赤ちゃんとお母さんとの人生最初の共同作業。

赤ちゃんとお母さんが共に頑張ってくれたから元気な産声の赤ちゃんに逢える。

頑張ったね赤ちゃん。

ありがとう。

お母さん。

Vol.689「ダブルリング」

私たち夫婦は・もうすぐ銀婚式。

仕事の都合上・結婚指輪をはめておけない私。

家内が私の指輪をいつも一緒に身につけてくれている。

ダブルリング。

喜怒哀楽。

一心同体。

今までも・これからも。

Vol.688「子と親」

子供たちが成長し成人となった。

それぞれに自分の考えを持って行動している。

時に親子で意見交換。

お互いを尊重しながらも・時に見解の相違もあり平行線を辿る議論もある。

親は子を想い・子は親を想う。

最後は笑って討論終了。

自分の道は自分の足で歩く。

子と親は時に寄り添い・時に遠くから見守る。

共に時を重ね・共に歩む。

互いが成長し・互いが認め合う。

子の愛。

親の愛。

 

Vol.687「育つ・育てる」

高校卒業後・看護師としての道を選ぶ。

たなべクリニックと出逢い・入職。

クリニックは・入職者と三か月の有期雇用契約を結ぶ。

入職後10日・1カ月・3カ月の面談・試験。

そのプログラムを経て・正式にクリニックファミリーとして迎えられる。

正式採用されると・クリニックのバイブルであるクレド手帳が渡される。

キャリアプランに基づいたプログラムがスタートする。

毎月院長との勉強会。

加えて5年目まで毎年理念研修が行われる。

育ったファミリースタッフが新人たちを育てている。

育つ・育てる。

想いは繋がれ・同じ道を歩む。