スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.704「役割」

一列に並ぶ。

喜んで先頭に立つ人がいる。

必ず最後尾に並ぶ人がいる。

前から二番目が好きな人がいる。

中間くらいを選ぶ人がいる。

空いている場所にそっと立つ人もいる。

人それぞれ。

人それぞれに役割がある。

立つ場所は違えど・一列に並ぶ。

みな前を向いて・真直ぐに。

Vol.703「一期一会」

人は出逢うべきして出逢うと考える。
出逢いに偶然なし・全て必然と想う。
一期とは・生涯を意味する。
一会とは・ただ一回の出逢いを指す。
一生涯で・ただ一度の出逢い。
毎日逢う人との出逢いも・その時その瞬間の出逢いは二度と訪れない。
毎日・毎回が一期一会。
出逢いに感謝。
今ここを生きる。
一期一会。

Vol.702「初心」

毎年地元の看護学校に講義に出向く。

後日担当講座の試験を行う。

試験問題の最後に必ず「あなたは何故看護師を目指したのですか」と問う。

様々な想い。

様々な出逢い。

あの日あの時。

進むべき未来への道標があった。

彼らは彼ら自身のそれぞれの人生を歩み出す。

道は違えど。

人に寄り添う人生の選択は同じ。

前を向いて顔を上げて胸を張り歩もう。

あの時あの日のこころを持って。

 

Vol.701「帰省」

お中元・お歳暮が届く。

講演や研修で知り合った日本中の方々。

全国各地の名産を頂く。

とても有難い。

一つ一つに感謝のお礼状を書く。

品々を整理する家内。

分別する彼女。

「何で分別してるの」と私。

『今度帰ってきたら持たせるの』。

偶に帰省する息子のために。

『良かったぁ・今年も頂けて」。

『あの子・大好きだからこれ』。

母ごころ。

時々は電話して。

お母さんに。

 

Vol.700「ぴかぴか」

クリニックの取引業者様がいる。

定期的に担当の方が訪れる。

『おはようございます』。

いつも爽やかなご挨拶。

「いつもありがとうございます」。

スタッフも素敵な笑顔で対応。

担当の方は中年の男性。

彼とのお付き合いもかなり長い。

いつもピカピカ。

彼の足元はいつもぴっかぴか。

変わらぬ笑顔。

変わらぬ仕事への姿勢。

靴が彼の仕事観を表している。

素敵。

すてきな事は真似しよう。