スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.708「我が家」

年の瀬には家族が全員集う。

みなが揃い・同じ空間を共有する事は何物にも換え難い。

例え狭くとも・隙間風が吹こうとも。

我が家が最も安らぐ場所。

いつの日もいつまでも・膝寄せ合い語りたい。

他愛もない会話。

ここち良い沈黙。

この場所が私たちの居場所。

帰る場所。

 

Vol.707「幼き日に」

幼少の頃・体調崩すとよく熱を出していた。

熱には弱く・すぐ寝込んでいた。

すると・おばあちゃんが付きっきりで看病してくれた。

片時も離れず・鼻息荒い私の顔をそっと見つめて夜間も氷嚢を何度も換えてくれた。

肌寒い朝は・炬燵の中で洋服を暖めてくれて元気よく登校する私を見送ってくれた。

お腹を壊すと腹巻を着けてくれて・夜は一緒に布団に入りお腹を暖めてくれた。

いつも傍にいてくれた。

いつも・にこにこ見守ってくれていた。

子供は誰かに抱きしめられて育って欲しい。

いつの日も。

いつの時代も。

Vol.706「心底」

以前私は・自分自身を

器用

センスあり

世渡り上手

だと考えていた。

けれどある日

私自身は

不器用

センスなし

世渡り下手

と気付いた。

その事を家内に打ち明けた。

『実は・・私もそうなの』。

と妻から告白された。

互いを見つめて・二人で笑った。

幸せが更に訪れた。

Vol.705「大忘年会」

早々に今年の忘年会を開催した。

実行委員会を中心に今年も・歌あり踊りあり一芸ありの楽しい楽しいひと時だった。

年々忘年会の質が上がっている。

仕事の質が上がれば・忘年会の質も上がる。

不思議な法則の中・幸せな時間を大切なスタッフと共に共有できた。

ありがとう。

お疲れ様。

嬉しかった。