スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.721「おもやい会」

毎月クリニックで・一歳お誕生日会を開催している。

赤ちゃんがお母さんと共に一年ぶりに帰ってきてくれた。

みんな同じ月に逢いに来てくれたお友達。

体重も身長も髪の長さもみな違う。

違って当たり前。

違って良し。

比べない。

「み~んな同じ体重身長髪の長さだったら・こわいよねぇ~」の

私の発言にお母さんたち・大笑い。

比べない。

みなちがう。

おかえり。

ありがとう。

Vol.720「祝辞」

私は・男の子二人の父。

娘はいない。

クリニックファミリースタッフは・全て女性。

私の大切な娘たちである。

娘と出逢い・その成長をまじかで見守ってきた。

やがて・娘は大切な人と出逢う。

娘が結婚する。

披露宴に招待される。

祝辞を依頼される。

その日は・私にとっても大切な日。

とても嬉しく・幸せな瞬間である。

祝辞を考える。

その子を想う。

考え想うだけで・ウルウルなる。

娘と出逢い・娘が成長し生涯の伴侶とめぐり逢う。

その宴で祝辞を述べる事は・私にとって一つの夢・願いである。

新婦の傍に立ち・想いを伝える。

おめでとう。

ありがとう。

Vol.719「お別れ」

最近“もの”との別れを意識するようになった。

若い頃は・そこまで考えていなかった。

磨り減ったリップクリーム。

昔なら無言でごみ箱へドロップイン。

今では・・。

「ありがとうございました」。

「お世話になりました」。

と・そっとごみ箱の中に入れる。

一礼までする。

“もの”とのお別れも雑にしてはいけない気がする。

役目を果たした・終えたものにお礼を告げる。

想いを伝える。

大事であると感じる。

助けて貰った・支えて貰った感謝を伝えなければ失礼だと感じる。

もの言わぬ小さな道具に労いを添えてお別れする。

大事。

大事なこと。

 

Vol.718「一目」

お母さんは重い糖尿病を患っていた。

しかし無事に男の子を出産。

母一人子一人。

母子の幸せな日々。

けれど母の糖尿病は悪化。

間もなく母は光を失った。

失明。

盲目の母の子育て。

親子は寄り添い苦難を乗り越えた。

やがて息子は立派に成人。

母の願いはただ一つ。

立派に成長した息子の姿を一目みたい。

叶わぬ夢を笑い飛ばした。

これからも母子の日々は続く。

決して不幸ではない。

笑い声が絶えない母子の食卓が今日も暮れていく。

 

Vol.717「こころ変わり」

初めての妊娠・出産。

赤ちゃんがお母さんを選んでやって来てくれた。

お母さんだけではなく・赤ちゃんも何でも初めての経験。

戸惑う事が当たり前。

二人目の赤ちゃんがやって来た。

育児をしながらの妊娠・出産。

大変だけど・幸せな毎日。

三人目がやって来た。

初めての男の子。

お姉ちゃん二人もとっても嬉しい。

初めて・二人目・三人目。

お母さんのこころは・変化。

育児を通した・素敵なこころの変化。

こころ変わりに・私たちは寄り添う。

大丈夫。

みんなが応援している。