スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.769「付き添い」

妊婦健診。

赤ちゃんのお兄ちゃん・お父さん同伴。

みんなで赤ちゃんとの面会日を楽しむ。

「ハイ!お兄ちゃんどうぞ」と私はお菓子を手渡す。

『いつもすいません先生』とお母さん。

「だって付き添いだもんねぇ」と私。

お母さんの付き添いはお父さん。

お腹の赤ちゃんの付き添いはお兄ちゃん。

いつも付き添い・ありがとうお兄ちゃん。

 

Vol.768「対話」

赤ちゃんはお腹の中でお耳はちゃんと聞こえてる。

だからお母さん・いっぱいお話して。

どんな事でも・何でも良い。

お腹の赤ちゃんは・お母さんとお話したい。

どんな時だっていつだって・赤ちゃんは聴いてくれる。

早朝だって・深夜だって。

だって赤ちゃんは・24時間お母さんと一緒。

眠れぬ夜に二人でそっとお話。

赤ちゃんはいつもお母さんのそばにいる。

 

Vol.767「ライバル」

たなべクリニックには・様々な1番がいる。

笑顔No1。

挨拶No1。

気配りNo1。

などなど。

自他共に認められていた笑顔1番スタッフ。

彼女がほほ笑むと・華が咲く。

けれど・ライバル出現。

強力なライバルが入職してきた。

その新人がほほ笑むと・周りの人たちまでも笑顔にする。

現チャンピョン危機感持つ。

現女王初心に帰る。

良きライバルとの相乗効果。

互いにより素敵な笑顔をクリニックに振りまいてくれる。

スタッフ全員の笑顔の華が咲き誇る。

良きこと。

良き出逢い。

No1の質が上がる。

みんなの質がまた上がる。

 

Vol.766「もう一度」

『夕食何がいい?』と聞かれ「何でもいいよ」と答える。

『何でもいいが一番困る』ともう一度言われたい。

『洗濯物は洗濯かごに入れてって言ってるでしょ』。

『折角果物剥いたんだからちゃんと食べてよ』ともう一度言われたい。

『寒くなってきたから薄着しないで気をつけて』。

『休める時はちゃんと身体休めて』ともう一度言われたい。

些細な事でもう一度喧嘩したい。

メールで先にもう一度謝りたい。

ありがとうともう一度言いたい。

もう一度貴女と共に過ごし時を重ねたい。

もう一度出逢いたい。