スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.795「沈黙」

一期一会でたなべクリニックに入職。

たなべクリニックファミリーとなったスタッフ。

経年と共に業務の質は上がり・何より人として成長した。

本をよく読むようになった。

考えて行動するようになった。

そんな彼女が一身上の都合により・クリニックを去る事となった。

最後の出勤。

これまでの感謝を共に育ったファミリースタッフへ届ける。

想いを綴ったメモを読み上げる。

幾度も涙で言葉が詰まる。

みんな待つ。

そっと待つ。

沈黙の長さが彼女の想いを伝えている。

言葉より涙の沈黙が・最も素敵な感謝のメッセージ。

ありがとう。

また逢いましょう。

あなたは・今までもこれからも大切なたなべクリニックファミリー。

Vol.794「それぞれ」

赤ちゃんと共に陣痛を乗り越えているお母さん。

もうすぐ赤ちゃんが逢いに来る。

陣痛が始まって・赤ちゃんが逢いに来てくれる時間の経過は人それぞれ。

隣のお部屋では・自分より後で入院してきた方の赤ちゃんが

先にお母さんに逢いに来た。

『私が先に入院してきるのに・・』と・お母さんが洩らす。

「この子は・この子のペースで逢いに来てるんだよ」と・サポートお父さん。

その通り。

足が速い人がいる。

遅い人もいる。

短距離走が得意な人がいる。

マラソンが得意な人もいる。

人それぞれ。

マイペース。

私はわたし。

あかちゃんもそれぞれ。

 

Vol.793「掌」

小さい手のひら。

大きい手のひら。

つるつる手のひら。

しわしわ手のひら。

握る。

そっと添える。

手には・温かい大きな力がある。

想いを込めて・そっと差し伸べよう。

たなたの大切な人に。

 

Vol.792「個性豊かな人々」

生まれつき脚が不自由な人がいる。

耳が聴こえない人がいる。

目が見えない人もいる。

計算が苦手な人がいる。

コミュニケーションが苦手な人もいる。

けれど彼らは・感受性に溢れ個性豊かな人が多い。

世間では悲しい事件事故が絶えない。

過ちを犯す多くの人は・眼も見えて会話出来て耳も聴こえて自分の脚で歩く。

健康とは。

健全とは。

五体満足とはなんだろう。

個性豊かな人々との一期一会。

大切なものを私に届けてくれる。

 

 

Vol.791「キッザニア」

キッザニア。

昨年開院100周年を迎えた・たなべクリニックは100周年を機に

「ちびっこ職場体験」を開催している。

地域貢献・たなべクリニックの企業理念のために毎年開催する事を決めた。

今年もたくさんの子供たちの応募があった。

白衣に身を包んだ子供たちが・色々な産婦人科のお仕事を体験する。

子供たちは・ドキドキにこにこ。

お母さん・お父さんたちもニコニコ。

子供たちの素直な笑顔は・とても眩しい。

梅雨明けの青空に負けない・爽やかさがクリニックを満たしている。

来てくれてありがとう。

私たちたなべクリニックは・この貴重な体験を通して子供たちの未来を応援する。