スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.812「一会」

出張する。

初めての土地に降り立つ。

早朝駅員さんに挨拶する。

タクシーに乗り運転手さんに行き先を告げる。

運転手さんとの他愛ない会話。

車窓に行き来する人達。

カフェでコーヒーを注文。

店員さんとの短い会話。

二度と訪れないかもしれない土地。

二度と逢わないかもしれない一時の出逢い。

一会。

そこにもきっと意味がある。

そこにも必然が待っている。

vol.811「真副体」

華道に真副体(しん・そえ・たい)と言う基本がある。

人生にも当てはまる極意である。

自己成長に値する問題なのかを熟考する。

しかし何が真で・何が副・体なのかと拘る必要はない。

問題と向き合っている事が大事である。

バランスがとれているかが大切である。

真副体。

自身と向き合おう。

そこに自己成長がある。

 

Vol.810「おかえり」

おかえり。

おかえりなさい。

家庭でも。

職場でも。

おかえり・おかえりなさいが返ってくる”ただいま”はうれしい。

ただいま。

おかえり。

Vol.809「お洗濯」

私は中学から全寮制の集団生活。

洗濯も自分でやる。

全自動洗濯機。

けれど・初めて自分でお洗濯。

使い方わからない。

粉洗剤の使用量知らない。

困った時は先輩に尋ねる。

でもなぜか・パンツだけは恥ずかしくて洗えなかった。

だから・・。

前・後・表と裏。

1枚のパンツを計4日履く。

ストックは7日分。

最終日。

ラスト1枚。

限界日。

勇気を持ってお洗濯。

壁を突破すれば・どうってことない。

小さな勇気と大きな成長。 

ある日から・真っ白なパンツ。