スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.763「お願いします」

たなべクリニックファミリースタッフは

定期的にホスピタリティについて指導教育を受ける。

市内の会議室を貸切り・専任講師が毎回東京からやってくる。

時間の共有は命の共有である。

講師・院長・スタッフが同じ場所同じ空間で命の共有を行う。

会場のある建物の一階でファミリースタッフのお父様と偶然出逢った。

『おはようございます。院長先生』。

『研修に向かう娘を今送り届けました』。

『宜しくお願い致します』。

『これからもどうぞ宜しくお願いします』。

父は深々と私に頭を下げられた。

娘を想う父のこころ。

「お願いします」には様々な愛情が込められている。

娘もやがて親になる。

父の想いがわかるその日その時を共に待つ。