スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.775「天空」

大切な人が天に召された。

たなべを創業した祖父の時代から父・そして私と三代に渡り

支え続けてきて下さった恩人に手を合わせる日が訪れた。

その方は眠るように安らかに私の眼前に横たわっていた。

あなたは赤ちゃんの私を抱っこしていた。

その私がたなべを継承した時あなたは私の傍らに立っていた。

掛ける言葉が探せない。

弔う一言が口を割って出てこない。

こころで話す。

忠心から感謝を申し上げる。

お別れは寂しい。

天国で祖父や父があなたを待っている。

さようならは言わない。

これからも私のこころの傍らに。

合掌。