スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.786「考動」

波打ち際で戯れる二人の子ども。

日本の子と海外の子。

二人とも波打ち際で砂のお城を楽しげに作っている。

「ダメよ!そんな波打ち際で作ったら」。

「もっとこっちで作らないとすぐに波にさらわれちゃうじゃない」。

「土台はもっとしっかり」。

あれこれ指図する日本のお母さん。

一方でただニコニコ何も言わず見守る外国のお母さん。

『日本のお母さんってどうしてあれこれ言うの?』。

『お城壊れたっていいじゃない』。

『泣いてまた作ればいいの』。

『そうやって子どもは考えて行動するようになるのよ』。

『そのチャンスを日本のお母さんはどうして奪うの?』。

海の向こうのお母さんに一票。

考動。

大事だよねぇ~。

奪っちゃだめ。

お城壊れていいじゃない。