スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.817「初物」

家内と二人久し振りに電車に乗った。

少し混んでた車内。

一つ席が空いた。

若いカップルの横。

家内を促し座らせる。

程なくカップルの男の子が席を立つ。

「どうぞ・・」。

私は席を譲られた。

「あ・ありがとう」。

私は軽くその子に会釈し家内の隣に座る。

微笑む妻。

やや苦笑の私。

若い二人は私たちより先に電車を降りた。

小さな親切。

初めての経験。

まさかこんな日がこんなに早く私に訪れようとは。

家内と電車を降りる。

エスカレーターは使わず颯爽と階段を降りる。

微笑む家内。

無言の私。

背筋伸ばして我が家へ歩く。