スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ブログ

Vol.819「折り鶴」

100歳を目前に・その方は天国に召された。

子供たち・孫・ひ孫・多くの親族が彼女との別れを惜しんだ。

幼子が家族に問う。

『おばあちゃんはどこに行くの?』。

「お空に旅立ってお星さまになるの」。

『おばあちゃん・足が悪かったから歩いてお空に行くのは辛くない?』

子の想いにみんなが応える。

「おばあちゃんが安心できるように・みんなで鶴を折ろう」。

たくさんの折り鶴が彼女の棺を飾った。

葬儀の後・傍らに一羽の鶴。

「おばあちゃんをちゃんと乗せて天国へ連れて行ったって・報告に来たんだよ」。

その答えに安堵する幼子。

空高く・想いは深い。