スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

クリニックのこと

育児こそ世界でもっとも重要な仕事である。

クリニックの想い

育児こそ世界でもっとも重要な仕事である

子どもは未来からの使者。だから、育児に頑張るお母さんは偉大です。
母と子が愛に溢れ、しっかりとした絆で結ばれるように、赤ちゃんとお母さんをサポートいたします。

女性の一生に寄り添いサポートする

女性が一生を通してイキイキと輝いている。
そのために欠かせない「心と身体の健康」。
赤ちゃんからおばあちゃんまで、健康と性に関するお悩みはおまかせください。

唐津で女性のための頼れるシンボル「社(やしろ)」になる

たなべクリニック産科婦人科は唐津で開業して100周年を迎えました。
女性の一生に寄り添い、サポートする心は、医師・スタッフが変わろうとも引き継がれていく。。。
形が変わっても引き継がれる「社(やしろ)」のような存在を目指しています。

院長紹介

院長 田邉 良平(たなべ りょうへい) メディア掲載履歴

院長 田邉 良平(たなべ りょうへい)

私は、赤ちゃんが大好き!
だから、産婦人科のお医者さんになりました。
けれど、残念ながら赤ちゃんが産めません。

みなさんが、とてもうらやましいです。

私は、いつもここにいます。
女性の一生に寄り添います。

▼資格・役職

日本産婦人科学会認定医
母体保護法指定医
日本ソフロロジー法研究会常任理事・達成度向上委員会委員長
日本母体胎児医学会会員
日本新生児学会会員

▼学歴

久留米大学医学部卒業
久留米大学大学院医学研究科卒業

▼経歴

久留米大学医学部産婦人科学教室入局
聖マリア病院新生児科勤務
国立小倉病院産婦人科・麻酔科勤務

▼専門分野

胎児超音波診断
周産期(妊娠~分娩)管理

クリニック概要

法人名医療法人虹心会 たなべクリニック産科婦人科
院長田邉 良平
住所847-0056 佐賀県唐津市坊主町550-1
TEL0955-74-4171
FAX0955-74-3291
創業大正7年(1918年)

クリニックの歴史

初代院長・田邉熊喜 東松浦郡唐津町字満島に誕生
産婦人科を開業・たなべクリニックの歴史がスタート
当時は、往診に人力車を使用していたと聞きました。
祖父の口癖は、“本ちゃ安かなあぁ~”でした。
祖父は、幼少の私によく書物を読む事を勧めました。
本から学ぶ事は多く、本の値段以上の価値がそこにはある
と教えられました。
2代目院長・厚 誕生
7人兄姉弟の6番目(初代院長・田邉熊喜の次男)
として生まれ、戦時中に青春時代を送った厚
は、士官学校に進みたいと父である熊喜に
嘆願しましたが一蹴され、号泣したそうで
す。
結果として、産婦人科の道を歩む事となりま
した。
たなべクリニックは、運命に導かれ、その歴史を繋いだのです。
3代目院長・良平 誕生
母と子の絆を第一に考える出産法・ソフロロジー
法との運命の出逢い。
平成15年(2003年)日本におけるソフロロジー
法の拠点病院として、建物も新たに生まれ変わり
ました。