スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ソフロロジー体験レポート

  • 母になる喜びを感じる

    母になる喜びを感じる
    子供たち4人共をたなべクリニックで出産し、
    赤ちゃんと共に頑張っているという実感が
    もて、母になる喜びを感じる事ができました。

    予定日を1週間も過ぎた我が子に家族も周り
    も色々心配しましたが、何より元気に逢いに
    来てくれた事に感謝しています。家族6人で
    頑張っていきます。ありがとうございました。


    2019.05.20
  • 乗り越え方がまったく違う

    乗り越え方がまったく違う
    ソフロロジー式分娩を知っているのと知らない
    のとでは陣痛や出産の乗り越え方がまったく
    違うと思いました。息をはくことに集中して、
    赤ちゃんに酸素が届く様に頑張ることが出来た
    と思います。陣痛の痛みは想像を越えるもの
    でしたが、赤ちゃんが一番、今頑張って痛みに
    耐えながら出てこようとしているんだと思うと
    なぜだか私も頑張ることが出来ました。

    大変でもありましたが、ソフロロジーを知って
    出産できた事は私にとっても、とても良かった
    と思います。

    2019.05.13
  • 帝王切開だったので

    帝王切開だったので
    帝王切開だったので、最初は全く関係ないと
    思っていましたが、教室へ参加した際に
    そうではないと分かりました。帝王切開は
    横になっているだけで、“産んだ”という実感
    とか感動とか達成感は感じられないと思って
    いましたが“酸素をたくさん赤ちゃんに届ける”
    ということができ、私も“出産した”と言えると
    うれしい気持ちになりました。最後に先生が
    帝王切開でもちゃんとした分娩だから、頑張っ
    たねと声を掛けてくださったのも、とても
    うれしかったです。


    2019.05.06
  • 自分の娘達にも必ずソフロ

    自分の娘達にも必ずソフロ
    3回目の出産ということもあり、1回目より
    2回目、2回目より今回のソフロロジー出産
    が自分なりにイメトレ通りにできたと思う。
    とはいえ、やはり毎回陣痛は相当なもので
    経験していても余裕はなかった。しかし
    産前教育としてCDや呼吸法、赤ちゃんに
    酸素を送る大切さなど理解していたので陣痛
    の間にも「息を吐いて赤ちゃんに酸素を送ら
    ないと」という意識はちゃんともてていた。

    そのおかげで痛みにパニックにならず、
    赤ちゃんのことだけに集中することができた。
    ソフロロジー出産を3回も体験することがで
    きて、とても嬉しく思うし、自分の娘達にも
    必ずソフロロジーで出産してほしいと思う。


    2019.04.29
  • 赤ちゃんに会えた瞬間

    赤ちゃんに会えた瞬間
    ソフロロジー教室に参加した事で、とにかく
    赤ちゃんに酸素を届けようと意識する事が
    出来ました。出産前は呼吸が上手く出来な
    かったら…等色々と不安になってましたが、
    ソフロロジー教室で教わった、赤ちゃんは
    全身痛い思いをして会いに来てくれるんだ
    と考えていたら頑張ろうと思えました。

    陣痛中も自分が思っていた以上に落ち着いて
    呼吸が出来ました。とにかく赤ちゃんの事
    を一番に考えて、赤ちゃんがどうしているか
    イメージしたり、心の中でひたすら話しかけ
    ていました。おそらく、ソフロロジー教室
    やこれまでに参加した教室に行っていなかっ
    たら、赤ちゃんの事を一番に考えたり、
    赤ちゃんに話しかけたりといった出産は
    出来なかったと思います。あの赤ちゃんに
    会えた瞬間の色んな気持ちずっと忘れないと
    思います。ありがとうございました。


    2019.04.22
  • 赤ちゃんの為なら

    赤ちゃんの為なら
    「陣痛を出産の喜びに切りかえる」
    ソフロロジーは初めての経験でしたが、
    実際に陣痛がきて呼吸することで赤ちゃん
    に酸素を送って楽にしてあげることを強く
    思いながら出産できたように思います。
    先生が「赤ちゃんは全身痛いんだ」と
    おっしゃった事が印象的で、そんな痛みに
    耐えながら産まれてきてくれた赤ちゃんの
    為なら何でも頑張れると思えました。


    2019.04.15
  • 親と子は一心同体である

    親と子は一心同体である
    帝王切開となり実際に経験することができな
    かったのですが、出産に対する概念がぐっと
    変ったように思います。今までは“痛い”“怖い”
    など恐怖心が強いものでしたが、お母さんと
    赤ちゃんの初めての共同作業である事を認識。

    お母さん側の立場でしか分からなかったので
    すが、赤ちゃんはもっと全身で痛みを感じて
    いて、赤ちゃんが頑張るエネルギーとなるも
    のもお母さんからしか得られないもので…
    お母さんと赤ちゃんは一心同体で頑張るもの…
    妊娠・出産は神秘的なものだなと改めて感じ
    ました。今後子育てにおいて沢山の壁にぶつ
    かっていくと思いますが、親と子は一心同体
    であることを思い返し、親子共々一緒に成長
    していけたらと思います。


    2019.04.08
  • 知らなきゃ損だと思います

    知らなきゃ損だと思います
    第一子からソフロロジー出産をしています。
    “洗脳”とか“宗教”みたいと言う人もあります
    が、これは知らなきゃ損だと思います。

    私には娘がいますが、ぜひソフロロジー出産
    を体感してほしいと思っています。



    2019.04.01
  • 落ちついて出産したい

    落ちついて出産したい
    妊娠中にソフロロジー教室でのお話や出産の
    ビデオを観て私もあんな風に落ちついて出産
    をしたいという気持ちになり、絶対に「痛い」
    や「もう嫌」などの言葉は言わないと決意し、
    出産に臨みました。

    色々な出産経験者には「死ぬ程痛いよ」「叫ば
    ずには無理」などと言われ、不安になりました
    が実際に出産の時、呼吸法やお産の姿勢を落ち
    ついて考えながらする事ができ、言葉には出ま
    せんでしたが、心の中で「赤ちゃんの方が痛い
    んだ、頑張れ、大丈夫。」と考えると少し楽に
    なれました。隣の分娩室からの声を聞き、心配
    できる程少し余裕を持ちながらお産が出来まし
    た。経験をしてみて、ソフロロジーって本当に
    素晴らしいし、もっとひろめていくべきだと
    思いました。たなべクリニックさんで出産でき
    て良かったです。ありがとうございました。


    2019.03.25
  • 我が子の姿にもの凄く感動

    我が子の姿にもの凄く感動
    実際にソフロロジーを経験して、破水して
    から陣痛がくるのが早く、家から産婦人科
    に着くころには産まれそうな感覚があり、
    初めて経験する何とも言えない呼吸するの
    もしんどいくらいの激痛で我を忘れそうに
    なっていましたが、ソフロロジー教室での
    良平先生の「お母さんも痛いけどお腹の
    赤ちゃんはもっと痛いとよ」「しっかり
    酸素ば送って楽にしてあげて」と言う言葉
    を思い出し声に出しては自分も必死だった
    ので言うことが出来なかったけど、心の中
    で「ママと一緒に頑張ろうね。大丈夫だよ。
    安心して出ておいで」と思いながら少し
    余裕ができた時にお腹に手をあててエール
    を送ったりしてました。最後ほんと、でて
    くるちょっと前に助産師さんが子宮を確認
    した時に「自分でうまいこと体をまわして
    出てこようとしてるよ」と言われた時、お
    腹を「ドン!ドン!」と力強く蹴って最後
    まで胎動を感じることができた幸せと一生
    懸命、外の世界にでようとする我が子の姿
    にものすごく感動しました。一生忘れるこ
    とはない経験をさせてもらいました。


    2019.03.18