スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ソフロロジー体験レポート

  • 前向きに痛みと戦う

    前向きに痛みと戦う
    今回実際に出産を経験して、ソフロロジーの
    講習の時に見たビデオの様にまで冷静には
    いれませんでしたが、意識して呼吸すること
    ができました。私は、家族にもソフロロジー
    の話をしていたので、私が陣痛の痛みで呼吸
    が早くなっている時「ゆっくりゆっくり!」
    や「もうすぐ赤ちゃんに会えるよ!」など
    声かけをしてもらえたので、呼吸を整える
    ことができました。

    ソフロロジーは出産する自分だけでなく、
    家族にも知ってもらう事がとても大切だと
    思いました。また、看護師さんにも陣痛の
    痛みで不安だった時「今の痛みはいい事だよ
    ~!」「赤ちゃんも頑張っているよ!」など
    言って頂けたので、前向きに痛みと戦う事が
    できました。本当にありがとうございました!!

    2019.09.16
  • 育児も愛をもって

    育児も愛をもって
    産前教育のソフロロジー式分娩があるたなべ
    クリニックで出産ができてよかった。「母と
    子の絆を第一に考える出産法」で妊娠中から
    赤ちゃんに声をかけ愛を育て、出産を乗り越え
    るような分娩でお産に対して心構えができて、
    いい経験ができました。その経験を忘れること
    なく、育児も愛をもって子と成長できたらと
    思います。


    2019.09.09
  • がっつりソフロロジー

    がっつりソフロロジー
    1人目の時もソフロロジーだったけど、たなべ
    産婦人科の方ががっつりソフロロジーな感じで
    初期からソフロロジーに対する意識が自分の中
    で強くあったと思います。(うぶみ等目に付く
    所に“ソフロロジー”の文字があったので)

    教室も院長先生の話がわかりやすく「赤ちゃん
    のために」と産む前から覚悟が出来ました。
    (前回の病院はソフロロジー教室が助産師さん
    がされていてそこまで重く考えられなかった)

    出産の時もとにかく息と力を入れない!と常に
    頭で考えることができて、1人目の時よりも
    「自分が痛い」より「赤ちゃんが痛い」と考え
    て頑張ろうと思えました。痛いのは痛いけど、
    「赤ちゃんと一緒に」という母性的なもので
    普通に産むより頑張りやすいと思いました。


    2019.09.02
  • 痛みがやわらぎました

    痛みがやわらぎました
    陣痛に耐えている時、教えていただいた呼吸
    をやると、とても痛みがやわらぎました。
    また、赤ちゃんが下に下がって来ている感じ
    がなんとなく分かって、心の中で「上手だね
    ー」と声をかけながら、一緒に頑張ることが
    できました。分娩台に上がってから痛みが
    強くなり、何回も吐きそうになりましたが、
    ソフロロジーの音楽のおかげか、上手に力を
    抜きながら耐えることができました。一番
    最後いきむ際も「赤ちゃん頑張れー」という
    気持ちで、自分一人が苦しいと思っていたら
    あんなに頑張れなかったと思います。おかげ
    で肌もピンク色で産まれてくれて、本当に
    良かったです。私はソフロロジーで産んで
    本当に良かったと思います。全ての産院で
    採用されてほしいくらいです。本当にありが
    とうございました。


    2019.08.26
  • 陣痛はとんでもなく辛く

    陣痛はとんでもなく辛く
    陣痛はとんでもなく辛く痛く最悪です。何で
    私がこんな目に…!?ですが、その何倍、
    何十倍…もっともっと赤ちゃんは固くてキツくて
    辛くて痛くて苦しくて、真っ暗なコンクリートを
    グリグリ通って、出て来てくれる、会いに来てく
    れている、と思うと「赤ちゃんの為に」息を吸う
    「赤ちゃんの為に」力を抜く、全てが「赤ちゃん
    が少しでも楽になる為に何が出来るか?」と考え
    ながらお産が進むように考え方を変えることが
    出来ました。

    正直、初めての陣痛で最初は不安もあり、痛みが
    くる間合や痛さに集中してしまっている時は、
    本当に…このまま意識失うんではないだろうか、
    裂けてとんでもないことにならないかと自分の
    ことばかりの思考でした。看護師さんが
    「赤ちゃん頑張れー!」と声を掛けて下さった
    時「そうだった!赤ちゃんの方がもっと辛い!!」
    と気づけたことで、いきみ逃しのタイミングで
    声を掛けると、痛いけど、辛いけど、不思議と
    楽になれました。ソフロロジー良かったです。


    2019.08.19
  • 陣痛がきて嬉しい

    陣痛がきて嬉しい
    赤ちゃんが頑張っているからとにかく息を
    しようと思っていました。そればかり考え
    ていたせいか、いざいきむ時にいきみ方が
    分からなくなりました。

    赤ちゃんは全身痛いなか会いにきてくれて
    いると思って乗り切れました。最後の方は
    痛みと疲れでヘトヘトでしたが陣痛がきて
    嬉しいと思えました。


    2019.08.12
  • 次もソフロロジーで

    次もソフロロジーで
    ソフロロジーの分娩方法はとても自分に
    合っていました。出産前にソフロロジー
    教室があったり、CDを貸し出しててくれ
    たため、十分に理解して出産にのぞめま
    した。陣痛は“赤ちゃんと共に頑張るもの”
    “赤ちゃんのためにたくさん酸素を送ろう”
    “陣痛の痛みは1分弱しかない”という思い
    だったため、初産でしたが陣痛に対する
    恐怖心は全くなかったです。

    次もソフロロジーで産みたいと思って
    います。


    2019.08.05
  • 母と子の絆を第一に考える

    母と子の絆を第一に考える
    ソフロロジーを学んで出産を経験するのと
    知らないで出産するのは全然意識が違った
    かなと感じた。学ぶ前は出産は恐怖でしか
    ないが、自分の子にやっと出逢える喜びが
    あると、赤ちゃんの為に一生懸命頑張らな
    いといけないと感じた。

    本当に母と子の絆を第一に考える出産法だ
    なと思った。


    2019.07.29
  • 貴院でぜひ出産したい

    貴院でぜひ出産したい
    ソフロロジーの教室を受けた後でも、陣痛に
    対する不安は0ではなかったのですが、実際
    に陣痛がきて、特に1番きつい時にただ痛い
    とか苦しいというのではなく、赤ちゃんの
    ために息をしっかり、ゆっくり吐こうとか、
    赤ちゃん今きついよね、痛いよね、頑張れ
    っていう気持ちの方が大きくなったことで
    痛みスイッチも切り替わった感じがありま
    した。自分が自分がではなく、赤ちゃんの
    ため、赤ちゃんの方がきついんだからという
    のは、ものすごく活力にもなりました。

    2人目、3人目も産めれば、貴院でぜひ
    出産したいですし、もし別のところとなった
    としても、ソフロロジーのことを忘れず出産
    したいと心から思います。本当に素晴らしい
    ものだと思いました。


    2019.07.22
  • ポジティブな気持ちで

    ポジティブな気持ちで
    赤ちゃんが苦しまないために呼吸法を工夫
    したり、陣痛の痛みを赤ちゃんに会えるため
    のものと前向きにとらえることでポジティブ
    な気持ちでお産ができました。

    一生心に残るすばらしい体験ができました。
    ソフロロジーについて教えて下さった良平
    先生、そしてお産にたずさわり、陣痛中に
    親身になって的確なアドバイスをくださった
    皆さんに心から感謝しています。
    ありがとうございました。


    2019.07.15