スマートフォン版はこちら

たなべりょうへいの言葉

ソフロロジー体験レポート

  • 幸せだったなぁと感じ

    幸せだったなぁと感じ
    一人目、二人目三人目もソフロロジーでした。
    出産中たしかに痛みはあるのですが「痛い!」
    と感じるより頭の中で「赤ちゃんがこの痛みに
    耐えてるんだ、一緒に」と思うと自然と
    「大丈夫だよー、がんばれー!」という言葉が
    出てきます。冷静になれて呼吸もしっかりしな
    きゃ!と考えられるようになります。

    こわさがなくなって、おちついた気持ちで出産
    にのぞみ、むかえることができます。まだ見ぬ
    我が子に想いをはせることで、いろんなことが
    乗りこえられるように感じます。

    三人産み終えて、幸せだったなぁと感じられる
    のはソフロロジーならではなのかなと思います。
    ソフロロジーで出産できて本当によかったです。


    2018.08.20
  • 今回も是非ソフロロジー

    今回も是非ソフロロジー
    初産の時にソフロロジー式が「自分に合ってる」
    と強く感じたので今回もぜひソフロロジー式
    で産みたいと思った、もしも、りょうへい先生
    の講習やCDをきかずにいたら、TVでよく見る
    分娩シーンの様に汗だくでギャーギャー泣き
    叫びながら産むハメになっていたと思う。

    「陣痛は長くても1分」「お母さんがたくさん
    息を吐くと赤ちゃんにたくさん酸素が届く」
    「お母さんは子宮だけしか痛くないのに赤ちゃ
    んは全身痛い」を要点に息を吐く事だけに集中
    できたので、1人目(お兄ちゃん)を立ち合わ
    せても怖がらせる事なく良いお産ができた。


    2018.08.13
  • 出産のイメージ明るくなり

    出産のイメージ明るくなり
    出産に対してのイメージとして“母親が必死に
    産む!”…ドラマなどで見るようなイメージが
    強かったのですが、ソフロロジーを学び出産
    は親子で頑張るもの、ママは赤ちゃんのこと
    を考えながら落ち着いて出産することなど、
    出産に対してのイメージを変えてくれる内容
    がたくさんありました。この内容を聞くと、
    出産に対してのイメージが明るくなり、
    「我が子のためにしっかり呼吸しよう」とか
    産前からお腹の中の赤ちゃんへの愛情が
    どんどん大きくなっていったように感じます。

    出産中も痛くてもうダメだ~と思う時もあり
    ましたが、赤ちゃんのことを考える時間が持
    て、それがまたパワーとなり頑張れました。

    ソフロロジーでの出産が出来、本当に良かっ
    たと思っています。これからも“子どものため
    に…”という気持ちを忘れずに、たくさんの
    愛情を持って育てていきたいと思います。
    ありがとうございました。


    2018.08.06
  • 赤ちゃんに対する愛情や思い

    赤ちゃんに対する愛情や思い
    予定日が近づくにつれ、不安しかなかった。
    ソフロロジー教室のこと、CD、できる事は
    やってみた。実際の分娩はうまくいかなかっ
    たけど、準備はきちんとできたかなぁと思い
    ます。

    産まれた後も赤ちゃんに対する愛情や思いが
    ソフロロジーを経験してあふれていると思い
    ます。赤ちゃんにとても感謝する素敵な経験
    でした。


    2018.07.30
  • 陣痛が待ち遠しい

    陣痛が待ち遠しい
    出産、陣痛の考え・イメージが痛いだけでは
    なく、赤ちゃんに会える喜び、赤ちゃんとの
    共同作業なんだと思える様になった。陣痛が
    来るのが待ち遠しかった。


    2018.07.23
  • 赤ちゃんに会える喜び

    赤ちゃんに会える喜び
    ソフロロジーを知る前はもっと陣痛に対する
    恐怖心がありましたが、出産が近づき陣痛が
    実際にくると、もうすぐ赤ちゃんに会えると
    喜びにかわっていました。

    ただお産がすすまず、帝王切開になってしま
    いましたが、赤ちゃんが自分よりももっと
    痛い思いをして頑張って元気に産まれてきて
    くれたことにすごく感謝し、本当に愛おしく
    なりました。


    2018.07.16
  • またこの産院でうみたい

    またこの産院でうみたい
    1人目のときも、2人目のときも、とにかく
    赤ちゃんに酸素を送ろう!!と思えたのは、
    ソフロロジーの教室をきけたから。出産は
    私だけが頑張るのではなく、赤ちゃんと2人
    で頑張るものだと思えた。私はお腹が痛く
    なるが赤ちゃんは全身痛いんだと聞いた時
    は、絶対に酸素を送ることだけはやめない
    ぞ!!と思った。

    途中何度もくじけそうになったけど、
    ソフロロジー教室をうけていたからこそ
    私も頑張れたと思うし、心から赤ちゃんに
    「産まれてきてくれてありがとう」と思え
    た。次、出産するときも、ソフロロジー
    教室をうけたいと思うし、またこの産院で
    うみたいです。


    2018.07.09
  • みんな一緒に頑張った分娩

    みんな一緒に頑張った分娩
    3回目の分娩とはいえ、毎回違うのでどう
    なるかという気持ちは不安なものではあり
    ませんでした。毎日、子ども達と寝る時に
    CDをかけていて一日の最後をゆったり
    リラックスして聞いていました。分娩台の
    上でもリラックスとはではいかないけど、
    落ち着いて赤ちゃんに声かけたり、娘にも
    声かけることができて、息を長く吐くこと
    に集中することができました。「上手に
    でてきてくれたね」って赤ちゃんにお話し
    ました。みんな一緒に頑張った分娩でした。
    先生を始め、看護師さん方の声も本当に
    心強かったです。ありがとうございました。


    2018.07.02
  • 喜びや感動が2倍3倍

    喜びや感動が2倍3倍
    3度目の出産、ソフロロジー式分娩は2度目
    でしたが今回も無事に出産できるだろうか?
    と不安は少しありました。けれど赤ちゃんも
    頑張って会いにきてくれるのだからママが
    頑張って赤ちゃんを少しでも楽にしてあげた
    いという気持ちで出産に挑むことができました。

    赤ちゃんと一緒に頑張るソフロロジーを経験
    することにより出産の喜びや感動が2倍、
    3倍にもなりました。頑張ってパパやママ達
    に会いにきてくれた赤ちゃんに感謝の気持ち
    でいっぱいです。


    2018.06.25
  • ソフロ、母性も強くなる

    ソフロ、母性も強くなる
    絶対通常の出産とは天と地の差だと私は
    思っています。2度出産して思いますが、
    あんな恐怖と不安と痛みの中、「フー」
    の呼吸に集中してほとんど叫ばずにいら
    れるのはソフロロジー以外ではありえま
    せん。同じ痛みでも全然違うんだと実感
    すると思う。赤ちゃんの事にママが集中
    できるし、ソフロロジーじゃなかったら
    産む時は「お母さん頑張れ」とママだけ
    が頑張って産んでいるイメージになって
    いると思う。

    ソフロロジーだと出産も母と子が2人で
    頑張る共同作業だから、母性も強くなるし
    『私が頑張らないと!!助けてあげないと』
    と言う気持ちが、結局はママのパワーと
    なってとても良いと思います。

    2018.06.18