たなべクリニック

婦人科のこと

がん検診

めん棒で子宮頚部を軽くこすって細胞を採取します。
超音波検査も同時に行うことをお勧めします。
しっかりと検診していれば、多くは癌になる前の段階で発見できます。
子宮内に細い器具を挿入し、細胞を採取します。
超音波検査も同時に行うことをお勧めします。
初期のものほど治療成績がよいので、早期に発見(診断)することが大切です。
状態を診て、超音波診、マンモグラフィ検査が必要な場合は専門施設をご紹介します。
たなべクリニックでは「ピンクリボン運動」を積極的に応援しています。
momoプロジェクト

思春期外来

大人の女性へと身体の発育が大きく変化していく思春期、急激な身体の変化に戸惑いや不安はつきものです。
生理痛、生理不順、生理日の調節などの月経に関するお悩みなど気になることがあれば、恥ずかしがらずご相談ください。

更年期外来

女性の誰しもが通る「更年期」。
更年期とは平均して閉経を迎える50才前後10年くらいを言います。
女性ホルモンの分泌量が低下し、卵巣機能が衰えていくことによってその影響が身体の色々な部分に出てきます。

更年期の症状は身体の変化だけではなく、気持ちにも影響を受けるのが特徴です。
症状には個人差がありますので、悲観的に捉えず、上手に付き合っていくことが大事です。
当院ではゆっくりとお話をお聞きした上で、患者さまおひとりおひとりに合った適切な治療法(ホルモン補充療法、漢方治療など)を選択いたします。

不妊外来

体外受精を除く、不妊一般のご相談に応じます。
個々のお話を聞いた上で、最適な方法を一緒に考えていきましょう。
なかなか妊娠に至らない場合などは信頼のおける不妊専門クリニックの紹介もさせて頂いています。

ブライダルチェック

結婚前に自分の身体をきちんとチェックしておくことが大切です。
妊娠や出産に障害のある産婦人科的な問題(子宮筋腫、子宮内膜症など)の有無をチェックいたします。

婦人科疾患

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、STD(性感染症)などの検査・治療をいたします。
定期的に検診を行うことが早期発見へとつながります。
不正出血・月経の異常(量が多い・生理痛がひどい・だらだらと続くなど)・おりものが気になる・お腹が痛い・お腹がでてきた(太っただけと勘違いされる方が多いです)などの症状がある方は婦人科疾患が原因のこともよくありますので早めの受診をお勧めします。

避妊相談

正しい避妊を身につけることは望まない妊娠をしないためにも非常に大切です。
ピル、リングなどについてご相談に応じます。

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV 16型とHPV 18型のウイルスに対する抗体をつくらせるワクチンです。
子宮頸がんを予防するためには何よりも、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。
それに合わせてこうしたワクチンを使えば、多くの子宮頸がんは予防できます。
正しい知識をもっていれば、自分で予防できる子宮頸がん。
大切なあなたのからだを守るために、予防ワクチンをご検討ください。
満10歳~45歳の女性 (当院での基準)
※未成年者への接種には保護者の同意を必要とします。
※接種前に問診を行い、医師が接種の可否を判断します。
※妊娠中は接種をお控えいただきます。
6ヶ月間に3回(抗体ができるために必要な回数)
1回15,000円(保険適応外)
※外来受診の上、医師からの説明後に接種日を予約していただきます。

ピル外来

OC(ピル)は、経口避妊薬であり、今の日本で使える最も確実で安全性の高い方法として数年前に認可され、皆さんに少しずつ理解して使っていただけるようになりました。

OC(ピル)は1日1回1錠を大体同じ時間に飲まなくてはなりません。
月経の1日目からのみ始めます。

薬は2日以上飲み忘れると効果がなくなりますので、一度月経を待ってまた新しいシートから始めます。
飲み忘れずにきっちり飲むとシートの最後の週に月経が毎月規則的に来るので、いつ月経が来るか心配する事もありません。