ソフロロジー体験レポート

たなべクリニックで出産されたお母さんによるソフロロジーについてのご感想です。

初産婦

コロナ禍でひとり

コロナ禍でひとりの分娩、どんな感じなのかわからず、ただ不安でした。特に陣痛に対しての恐怖が強かったので、予定日が近づくにつれて恐いとよく言ってました。
いざ、陣痛がきている時、ひとりで不安で泣きそうでしたが、ソフロロジーで学んだようにお腹の赤ちゃんはもっと痛いしこわいんだと思い、一緒に頑張ろうねと言い聞かせながら、呼吸法を頑張りました。無事産まれて産声を聞いた時、心から頑張ってよかったと安心しました。

経産婦

育児で追われて

2人目の出産で、日頃は上の子の育児で追われており、なかなかお腹の赤ちゃんのことばかり考えるということが出来なかったなと思いましたが、いざ陣痛の波がくると、とにかく赤ちゃんに酸素を与えるんだと、ずっと頭の中は赤ちゃんのことでいっぱいでした。痛いなと思っても、呼吸!呼吸!と切り替えることが出来ました。助産師さんが赤ちゃんは元気だよ!と言ってくださり、とても安心しながらお産できて嬉しかったです。産まれて泣いている子どもを見るとやはり、よく頑張ったねという思いでいっぱいで、自然と声かけていました。とても幸せな経験です。

経産婦

誕生の感動

予定していなかった帝王切開による出産となりましたが「赤ちゃんに酸素をあげられるのはお母さんだけだよ」と言われ、ハッとし、ソフロロジーの呼吸をしながら赤ちゃんが無事に産まれてくれることだけ考えていました。産声を聞いた時はものすごくほっとし涙がでてきました。上の子の時は普通分娩でしたが、“赤ちゃんに酸素を届ける” “誕生の感動”というものは普通分娩も帝王切開もどんな方法であれ何ら変わらないと実感しました。

経産婦

主役は赤ちゃんです

お母さんは赤ちゃんのお手伝役であること。主役は赤ちゃんです。自分だけ痛いのではなく、赤ちゃんこそ痛くて不安だという事。とにかく赤ちゃんの事を考え、陣痛中から酸素を沢山送ろう。声には出ませんでしたが「頑張れ」「じょうずだよ」「大丈夫」と気持ちを送りながら、一緒に乗り越えられました。
ソフロロジー式分娩を知ってお産するのとしないのでは乗り越え方が全然違うと感じました。切り替えスイッチみたいなのがONになります。もし、次また妊娠することがあれば、またソフロロジー式で産みたいです。

経産婦

ソフロロジー効果

教室で教わった事を思い出しながら、音楽や照明などリラックスした環境の中で出産に臨めた。要所要所で赤ちゃんが頑張ってるよー、少し苦しそうなど今の状況を伝えてくれていたので、私も頑張らないと!と気持ちの切りかえができた。
今回3回目の出産だったが、やはり出てくる時の痛みはあったが、全開大になるまでの陣痛は今までと比べても、びっくりするくらい落ち着いていた。ソフロロジーの効果かなと思った。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5