ソフロロジー体験レポート

たなべクリニックで出産されたお母さんによるソフロロジーについてのご感想です。

初産婦

痛さ・怖さに弱い

初めての出産で、元々痛さ・怖さに弱いこともあり、分娩にははじめ前向きなイメージを持てませんでした。ソフロロジーについては今回初めて知りましたが、ソフロロジー教室やCDなどを通して知っていくなかでだんだんとプラスのイメージが湧いてきて、出産の日を楽しみに待てるようになりました。最終的には帝王切開になりましたが、赤ちゃんと一緒に頑張るという経験ができてよかったです。

初産婦

赤ちゃんと逢えた

痛い陣痛に耐えて乗り越えることができるのか不安でしたが、“1人じゃない”“赤ちゃんも一緒に頑張ってる”という思いが自然に出てきて、何度も支えられました。赤ちゃんと逢えた喜びや感動も大きかったです。長くて痛い陣痛でしたが、一緒に頑張ってくれた赤ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです。

経産婦

産前に教えてもらい

産まれる前にソフロロジーを教えてもらえることで安心して産めました。陣痛がきて、やっと赤ちゃんに会えると嬉しく思いました。自分だけが痛いんじゃない。赤ちゃんはもっと痛いのに頑張って会いに来てくれた。そう思うと、産まれてきてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。これから、子育てがはじまりますが、一つの命を大切に大事に育てていきたいと思います。ありがとうございました。

経産婦

手術のドキドキ

今回は帝王切開だったので手術日が決まっていたので手術日が近づくにつれて会える嬉しさはもちろんですが、手術のドキドキは増していきました。産前に受けたソフロロジー教室で先生が帝王切開でも赤ちゃんと一心同体で頑張ることに変わりないと言われたのを思い出して、ゆっくり呼吸することを意識して手術にむかえたと思います。手術後に先生が「赤ちゃんにもしっかりと酸素が届いてましたよ」と言われた時は一緒に頑張れた!良かった!と嬉しかったです。

経産婦

出産前、読み返して

以前「ママ、もうすぐあえるね」の本を購入していたので、出産前にもう一度読み返してみた。前回はソフロロジー教室がコロナ禍で中止、今回は参加できたが、本や教室での例のように出産できるか自信はなかった。ソフロロジーのCDは聴くタイミングがあまりなく、もう少し聴いておけばよかったと思った。
前回、陣痛が長かったのが凄く辛かったので不安だったが、今回は陣痛中「頑張ろうね」とお腹の赤ちゃんに声かけできた。分娩の時痛みはあったが、頭の中で「頑張ろうね」と考える事はできた。産まれた時に「頑張ったね」と声かけできた。前回よりは赤ちゃんのことを考えながら出産できたように感じた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3