今日のよか

<毎週更新>良平院長のコラム

Vol.874「マスクマン」

常時マスクを着用した生活が定着した。
口元が見えない。
マスクを着用したままの豊かな顔の表情作りは難しい。
練習・練習。
鏡の前で笑ってみる。
結構いけてる。
写真撮ってみる。
マスク着けて・満面の笑みでパシャリ。
どれどれ・・。
あら・・?!
出来上がった写真の中の私。
笑ってる?
マスクの下では・口角を最高に上げて笑顔作ったのに。
眼の表情が乏しい。
気づいた。
気づいちゃった。
マスク下の笑顔は・眼が最高に笑わなくっちゃいけない。
練習・練習。
結構難しい。
でも楽しい。
合格点まで・あと少し。

Vol.873「寄り添う」

コロナ禍で・未だ収束が見えない日常。
たなべクリニックは医療機関として・感染防止に最善を尽くし日々努力を惜しまない。
命を預かる現場として・絶えることない管理を続けている。
よって・今までにない様々な制約・制限がクリニック内に掛けられている。
それは・クリニックにとってもとても重い選択である。
同時にそれは通院入院している患者様にとっても・とてもストレスとなる。
ならば・私たちたなべクリニックが出来ること。
やるべきこと。
それは・もっと皆さまに寄り添うことである。
こころから寄り添う。
厳しい環境下が教えてくれた・最も大切なこと。
その事を改めて・意識考動する事が出来た。
不安を安心に。
私たちは今日も・こころひとつに。
寄り添う。

Vol.872「当たり前」

朝起きた。
顔洗った。
歯を磨いた。
髭剃った。
出勤した。
仕事終わった。
お家帰った。
晩御飯食べた。
お風呂入った。
布団に入った。
今日もビックリする出来事は起こらなかった。
一日を迎え、一日を終える。
これって・・。
実は・ちょ~幸せな事。
当たり前が最も幸せ。
平凡に感じる日常こそが・尊い。
それに気付けた私は幸せ。
今日も当たり前に感謝し・眠りにつこう。
明日も当たり前の一日が過ごせるように。

Vol.871「水道工事」

連日深夜クリニックの側で水道工事が行われていた。
夜間に明るい工事灯と作業音。
少々騒音が気になるが・寒い深夜に作業される方々に感謝したい。
側を通る際には「ご苦労様です。お疲れ様です」と私は声を掛けた。
そんな折親子が工事現場を通った。
大きな声で『ありがとうございます』と少女が作業員の方に挨拶した。
お母さんが作業する方々のお蔭で・私たちの日常が保たれている事を娘に教えたのかも知れない。
素敵な挨拶だった。
私も見習った。
「ありがとうございます」。
感謝を忘れずにいたい。
私たちはたくさんの見知らぬ人に守られている。 

Vol.870「おめでとう・ありがとう」

誕生日。
離れて暮らす娘からのお祝い電話が届く。
娘は祖母にもお祝い電話を届けていた。
「おばあちゃんありがとう」。
「おばあちゃんがお母さんを産んでくれたから・今年もお母さんの誕生日をお祝いできた」。
「だからありがとう・おばあちゃん」。
素敵なお祝いコールが繋がる。
母からもお祝いの電話が届いた。
繋ぐ・繋げる。
素敵なバースディ。

Vol.869「シンデレラ」

お母さんは・お仕事帰りにお姉ちゃんを保育園にお迎えに。
車に乗り込み車中では覚えたお歌を歌って・上機嫌なお嬢ちゃん。
帰宅。
あら・・。
お靴が片方ない。
お母さんは・帰路を戻りお靴探し。
でも・残念。
翌朝登園。
園長先生・朝のご挨拶。
「おはようございます。シンデレラ!」。
園の駐車場に落ちていた靴を誰かが届けて下さっていた。
最近は好きな男の子にお手紙書くのが楽しいお姉ちゃん。
シンデレラ。
今度は気をつけてね。

Vol.868「眼鏡姉妹」

妹は・小っちゃい頃から視力が弱かった。
幼少時からメガネをかけている妹。
少し目立っちゃう。
少し恥ずかしい。
外出する時はいつも。
お姉ちゃんもメガネかけている。
でもお姉ちゃんは・伊達メガネ。
妹を気遣うお姉ちゃんの想い。
お揃い眼鏡で・少し嬉しい妹。
お姉ちゃんもニッコリ。
仲良し姉妹。
素敵な姉妹。

Vol.867「姉妹弟弟」

四人の子供たち。
末っ子の弟が成人式を迎えた。
その記念に四人で記念撮影。
幼少の頃は・一番上のお姉ちゃんが一番大きかった。
でも今は。
長女は・次女に長男に次男に身長追い抜かれちゃった。
今では・一番小さなお姉ちゃん。
でも・やっぱりお姉ちゃん。
姉は妹弟たちを慕い・妹弟たちは姉を敬う。
四人揃って・記念の門出。
おめでとう。
これからも仲良くね。

Vol.866「願い」

私はたくさんのたくさんの赤ちゃんの誕生に立ち会ってきた。
そんな私が我が子に願うこと。
自分の足で歩ければよし。
眼も見えて・耳も聞こえるならよし。
自分の口で喋れればよし。
五体満足ならよし。
自立していく我が子に・そう願う。
やがて親になる子供たちへ。
こどもは・未来からの使者である。

Vol.865「○○な一年」

想定外のうねりが押し寄せた令和二年・2020年。
不規則な予測不能な出来事を体感する事となった。
ニューノーマル。
価値観・生活観。
人生哲学。
見つめ直す。
向き合う。
良き機会を得た1年と捉える。
この1年の学びと気づきを活かす。
新たな一歩を踏み出した。